花火が怖いワンちゃんのために「テリントンTタッチ」

05 7月, 2020
テリントンTタッチは、大きな音からワンちゃんを助けてあげる不安解消の方法です。

花火が怖いワンちゃんのための今回紹介する「テリントンTタッチ」や、その体をくるむ不安の解消法をソーシャルメディアなどでご覧になったことがあるかもしれません。今回はこの方法や似たような効果的なテクニックについて詳しくご紹介します。

花火が怖いワンちゃん

花火を怖がるワンちゃんは非常に多く、他にも嵐などの大きな音を怖がる子もたくさんいます。よくある反応としては、体が震えたり、吠え続けたり、外に行きたがらなくなったりすることなどがあります。こういった恐怖を抱えていると、扱いがとても難しくなることがあるのはお分かりですよね。

誰かがやっている花火や、嵐などからくる騒音は避けようがありません。花火をやっている人にそれを強制的にやめさせるのは難しいです。でも、ワンちゃんの中には逃げ出して迷子になってしまう子もいます。

そのため、花火の恐怖に代書するためのさまざまな方法が作られてきたのです。例えば薬やシロップ、セラピーなどがあり、犬の緊張を解くために使われていた「テリントンTタッチ」も、解決法の一つとして取り入れられるようになったのです。

テリントンTタッチ

これは花火を怖がっているワンちゃんだけでなく、緊張している子を落ち着かせてリードを引っ張らなくても散歩ができるようにしたり、関節の痛みを和らげたり、手術の後の回復を速めたりするためのものでもあります。

テリントンTタッチ

それぞれの恐怖対象について、その恐怖を克服するための特有のテクニックがあります。例えば、マッサージや、散歩中のリードの位置に気を付けること、またはおくるみを使うことなどがあります。ガーゼや包帯を使って、怖がっているときにワンちゃんをくるんであげる方法があるのです。

この方法を開発した人は、花火を怖がっているワンちゃんをくるんであげることで、その子の血流が改善すると言います。体の状態が良くなることで、恐怖に立ち向かい、花火や嵐の音が聞こえても大丈夫になるのです。

花火や騒音の恐怖

では、なぜ犬は花火や大きな音が怖いのでしょうか。それが嫌な経験から来ていることもあれば、身体的に不快感を覚えて緊張してしまうから、あるいは人間が警戒するからという可能性もあります。ワンちゃんの身体的な状態を改善して初めて、恐怖を克服することができるということを覚えておきましょう。

人間でも犬でも、本当に恐怖を乗り越えるためにはそれを一般化しないことが大切です。誰もが恐怖をそれぞれ違った方法で感じるので、誰にでも効果的な方法は存在しないのです。今回ご紹介する方法もそうで、この複雑な問題に対する一つの対処法ということなのです。

ワンちゃんが怖がっているときには、自分で自分を落ち着かせようとします。例えば一人になれるところに隠れたりしたい子もいれば、人間に撫でてもらい傍にいてもらうのを好む子もいます。また、怖く見えるような行動の多くは、ワンちゃんがストレスを発散しようとしているだけかもしれません。

テリントンTタッチ

このテクニックもそれぞれの犬の具体的なニーズには対応していません。上手に使ったとしても、効果が期待できるのは撫でてもらうのが好きで、恐怖に直面した時に平静を保っていられるようなワンちゃんだけです。

また、大きな音に怖がっているワンちゃんを包帯でくるむことができるのは、しっかりとトレーニングを受けた人だけです。オンラインのガイドを見たとしても、上手にできる人はほとんどいません。

そしてその他のニーズなどがある場合には、この方法は恐怖を乗り越えるのに全く役に立たないでしょう。

まとめ

花火や嵐への恐怖に対しては、その他の恐怖と同様に解決法があります。しかしそれぞれのケースが独特なので、その治療法もそれに合わせたものでなければなりませんし、しっかりと訓練を受けた犬のトレーナーが恐怖の克服の手助けを行わなければなりません。ただ布を体に巻くだけで恐怖がなくなるということはほとんどないのです。

ですが、この方法の効果を見くびってはいけません。さまざまな要因があるので、適切な治療を行うことで初めて恐怖を克服することができるのです。