猫のたまり場「コロニー」:管理すべき理由とは?

23 4月, 2020
コロニーに住んでいる猫は、予防接種を受けていない非衛生的な状態で暮らしている猫たちがほとんどです。そのため、猫同士だけでなく人間にも感染症の影響を及ぼすウイルスの保因者となります。
 

飼い猫になっても、猫は野生の頃とほんのわずかしか行動を変えません。これが猫のたまり場である「コロニー」がどこからともなく出現する理由の一つとなっています。

そのため、飼い猫が捨てられたときなどは、都市部に住み着きコロニーを形成します。

また、飼い主の家があるのに、それを拒否してコロニーに住む猫もいるため、一見良いことに思えるかもしれないコロニーは、実は猫や他の動物へ病気を感染させる「病気の天国」とも呼べるような場所となってしまうのです。

猫のコロニーと病気

猫同士で感染する病気はたくさんあります。

特に猫のコロニーに住み着いている猫は予防接種を受けていない衛生状態の悪い猫なので、より病気が広まりやすいと言えます。

生命を脅かす可能性もある感染症には、ネコカリシウイルス猫免疫不全感染症、猫白血病ウイルス感染症、そして猫伝染性腹膜炎などが挙げられます。

さらにコロニーの猫は、狂犬病のような人間に感染する病気の保因者となることもあるため、人間にとってもコロニーの存在は公衆衛生問題となるでしょう。

続きを読む:猫のウイルス感染症について

猫 コロニー

猫のコロニーと野生動物

 

猫のコロニーは自然に発生します。そして、猫のコロニーに残された食べ物を狙って、他の野生動物が現れることもあります。

一部の地域ではイノシシやアライグマなども、猫のコロニーに住む猫や、飼い猫の食べ物を狙って現れるため、猫だけでなく人間にとってもとても危険です。

もし猫のコロニーに餌をやっている場合は、衛生的な方法を心がけ、猫同士が喧嘩をしないようにいくつかのボウルに分けて餌を入れ、残った餌は必ず日没前に片付けるようにしましょう。

ご存知ですか?:これってホント?ウソ?猫の持っている好奇心について

猫のコロニーをサポートする方法

しかし、野生動物を引きつけることなくコロニーの猫に正しく餌を与え、ネコのコロニーをコントロールしながらサポートする方法があります。まず都市部には、猫のコロニーが多く存在するのが一般的です。

猫 コロニー

海外の国の中では、猫の毒殺を試みたケースも報告されていますが、これは動物虐待となります。猫を捕獲し、避妊手術を行い、再びコロニーに戻すのが、現時点では最適な方法と考えられています。

ただし、個人で活動するのではなく、保護団体や獣医と連携して、必要な予防接種と避妊手術をできる限り多くのコロニーの猫に実施することが大切です。

 

しかし、このようなボランティア活動を獣医に強要することはできません。基本的には、国や地域の管轄であり、ボランティア団体に相談して正しい方法で猫のコロニーをサポートしてください。

コロニーの猫が増える理由の一つが、飼育放棄です。飼い猫を捨てる人が存在するため、どれだけ野良猫に避妊手術を施しても、コロニーの猫が減りません。

そのため、コロニーをサポートすると同時に、無責任な猫の飼育をしないように啓蒙する活動も大切です。

また、猫を飼いたいと思った時には、ペットショップやブリーダーから猫を購入する方法もありますが、できる限り保護団体から猫を迎え入れることをお勧めします。