フトアゴヒゲトカゲってどんな動物?

29 1月, 2021
爬虫類はお好きですか?今日は、フトアゴヒゲトカゲの生態と、ペットとして飼う際のお世話の仕方について見ていきましょう。

フトアゴヒゲトカゲは、近年ペットとして絶大な人気が出てきた小さくてフレンドリーなトカゲです。ポゴナス属の種として最もよく知られています。今日の記事では、フトアゴヒゲトカゲの身体的特徴や行動について詳しく見ていきましょう。

フトアゴヒゲトカゲ:分類体系と体の特徴

一般的に、”アゴヒゲトカゲ”というと、ポゴナス属の多くの種を示します。ペットとして多くの国で最も人気がある種が、今回お話しするフトアゴヒゲトカゲです。今日は、このタイプのトカゲの特徴を知りましょう。

フトアゴヒゲトカゲは小さいトカゲで、成体の体長はだいたい50cm〜60cmになります。平均体重は、400〜500gです。三角形の頭を持ち、突起部があり重なっっている尖ったウロコを持ちます。体全体がこのウロコで覆われています。

フトアゴヒゲトカゲが危険を感じたり怯えている時、頭の突起部が膨らみ、黒い色に変わります。これは、このトカゲの持つ優れたスキルの一つです。ですが、ペットとして飼っているフトアゴヒゲトカゲがこのようになると、良いサインではありません。我が家で快適さを感じているなら、このような防御メカニズムを使う必要はないからです。

フトアゴヒゲトカゲ

あわせて読みたい:【カモフラージュじゃなかった!】カメレオンの色が変わる理由

性的二形性

フトアゴヒゲトカゲは、オスとメスではっきりとした区別がある、性的二形性を持っています。オスだけがクロアカサックの中に大腿孔を持っているのです。

オスもメスもさまざまな体の色をしています。最も一般的なものは、緑、赤、グレー、茶、オレンジ色です。また、フトアゴヒゲトカゲの色は気温や心の状態によっても変わります。

フトアゴヒゲトカゲの性格と行動

フトアゴヒゲトカゲは見た目が美しいだけでなく、愛らしい性格をしていますので、ペットとして優れています。フトアゴヒゲトカゲは通常とても従順でバランスの取れた、社交的な動物なのです。

ですのでフトアゴヒゲトカゲはペット初心者の飼い主にとっておすすめの動物の一つと言えます。体が小さく従順ですので、イグアナのような、もっと複雑な気質を持つ大型の爬虫類よりずっと扱いやすいでしょう。

フトアゴヒゲトカゲをペットとして育てるもう一つの利点は、自然界でも数が安定していると考えられる点です。つまり、絶滅に瀕するような動物種ではないということです。

ただし、どのような動物であっても、飼うことには責任が伴うということを忘れないでください。また、インターネットで身元のわからない個人からペットを購入することは絶対にやめましょう。承認された販売主から購入するか、爬虫類レスキューセンターなどから手に入れましょう。

自然の生息地

フトアゴヒゲトカゲは、南西オーストラリア、特にこの地域の砂漠地帯やサバンナが原産のトカゲです。またニューサウスウェールズ州でも自然生息しています。

フトアゴヒゲトカゲをペットとして迎え入れる時は、自然生息に近い環境を整えてあげることが大切です。この小さな爬虫類は、砂っぽい場所を好みます。また、小枝や石などがあると良いでしょう。

飼育箱内や周辺の温度や湿度には特に気を配りましょう。暑くて乾燥した気候で生息していますので、日中の平均温度は30〜36℃、夜は21〜23℃になるように設定しましょう。さらに、湿度は50%を超えてはいけません。

フトアゴヒゲトカゲの食事と健康

フトアゴヒゲトカゲ 食事

あわせて読みたい:ガラパゴス諸島の野生動物を見てみよう!

自然界では、フトアゴヒゲトカゲは様々なものを食べる雑食性の動物です。何を食べるかは、季節や生息地で可能なものです。

そのため、必要とする栄養ニーズに従った、バランスの取れた食生活を保つことが大切です。

フルーツや野菜の他、昆虫やカタツムリなどを食事に取り入れると良いでしょう。爬虫類専門のペットショップに行けば、バラエティに富んだ餌が販売されているはずです。

また、フトアゴヒゲトカゲには予防薬が必要です。小さなトカゲであるフトアゴヒゲトカゲはダニのような外部寄生虫に対して脆弱です。従って飼育箱や家の中を清潔に保つこがとても重要になります。