【自然に生涯を捧げたナチュラリスト】ジェラルド・ダレルについて

ジェラルド・ダレルは自然学者で、動物園での動物の飼育の基礎を築き、自信の経験に関するユーモアたっぷりのたくさんの著書を記した人物です。
【自然に生涯を捧げたナチュラリスト】ジェラルド・ダレルについて

最後の更新: 04 1月, 2021

科学者や研究者と言えば、理解するのが難しい専門的な言葉を使う人、というイメージがあるかもしれません。しかしみんながみんなそうではないのです。今回ご紹介するジェラルド・ダレルも、例外の一人です。

生物科学は普通、専門家しか本当に理解することはできない複雑なものだと考えられています。しかし、この障壁を乗り越えて、世界中の何千もの読者に刺激を与えてきた人もたくさんいます。

学術的な世界を超えて研究を行いたいという科学者の数も増えています。こういった人たちは、一般の人たちがもっと簡単に自然についての情報を得たり自然のことを学んだりできるようにしたいと考えているのです。

今日は、そんな一人であるジェラルド・ダレルについてお話します。彼は素晴らしい書籍を残し、科学的な書物を世界と共有する基礎を築くのに携わった人物です。

幼少期~コルフ島三部作まで

ジェラルド・ダレルは1924年インドに生まれ、ほどなくして家族と共にギリシャのコルフ島に移り住みました。地中海気候とその荒れた地形から、そこは彼が小さいころから自然と触れ合うのに最適な場所だったのです。

島についてすぐに、彼の科学者、普及者、そして著者になるための旅路は始まりました。時間と共に知識を増やしていっただけでなく、彼はイマジネーションも膨らませました。そしてそれが彼の最初の自伝的著書、コルフ島三部作につながるのです。

ジェラルド・ダレル

三部作には『虫とけものと家族たち』、『鳥とけものと親類たち』、『風とけものと友人たち』があります。どれも読みやすい本で、有益な生態学の本の古典作品とされています。

それぞれの本で、ダレルは子ども時代のことについて詳細に振り返っており、彼の周りのさまざまな家族のことから、子どものときに発見したり探索したりした自然に関することなどをつづっています。

この話が1940年代、自然に関して人々が全く異なる見方を持っていた時代に書かれたということを忘れてはいけません。幼いジェラルドは彼の先生とたくさんの種類の生き物を捕まえては、使うことのできた基礎的なツールを使って観察や研究を何時間にもわたり行っていました。

彼の本はユーモアと喜びにあふれている上、わくわくが詰まっています。ページの中に自然や動物王国への愛が私たちの中に形作られていくさまざまな経験が含まれています。例えば、クモが巣を作っている様子を初めて見たときの驚きを覚えていない人などいるでしょうか?

ジェラルド・ダレル

ジェラルド・ダレルの冒険

イギリスの動物園で数年働いた後、ダレルは1946年にそこを離れて、未知の動物を探求する探検隊を編成しました。彼が捕らえた生き物は最も名声の高い動物園に売られました。

繰り返しになりますが、この時代は動物や自然について学ぶには観察をするしかありませんでした。つまり動物を捕らえなければなりませんでしたが、飼育下での繁殖が成功するのはずっと後になってからのことです。しかし、ダレルにはとても厳格な基準を持っていました。

  • 可能な限りベストなコンディションで動物を飼育すること。
  • 良い環境で飼育できる以上の数を捕らえないこと。
  • 市場的価値ではなく研究的価値のために捕獲すること。

ダレルを動かしていたのはお金ではありませんでした。環境について教えるため、そして飼育下での繁殖計画のために動物園を使うことに関心を持っていたのです。その結果、高額な費用のかかる探検のために破産してしまいました。

彼の最も有名な本の一つ、『動物たちの森』の中で、彼はユーモアを交えながら探索中のたくさんの冒険について振り返っています。

ジャージー動物園

探索の後、ダレルは執筆活動にいそしみます。これにより彼は自然学者としての名声を得ることになり、それが経済的な助けになります。

そしてその貯金を使って、1958年にジャージー動物園を創設します。これは飼育下での繁殖を行う旗艦となりました。

この動物園、そしてジャージー野生動物保護財団(現在のダレル野生動物保護財団)の評判も高まっていきました。

1970年代になると、この組織は動物の種の保護のパイオニアになり、ダレルは動物の保護と尊重の先導者として知られるようになりました。彼が築いた動物園の管理の基礎が、現在の動物への考え方を築き、それは著書『The Stationary Ark』にも見られます。

  • 動物園の第一の目的は、絶滅の危機に瀕している動物を保護し、生存のために飼育下での繁殖を行うことである
  • 動物を助けるためのすべての努力が成功しなかったときにのみ、最後の頼みの綱として動物園で飼育を行うべきである
  • 動物園は娯楽目的のみに存在するべきではなく、絶滅の危機に瀕していない動物に関しては自然の生息地に戻すべきである
    ジェラルド・ダレル

パイオニアそして作家として

まとめると、ジェラルド・ダレルは自然保護と環境についての意識を世界中で高めることになった重要な人物です。彼の著書は膨大なトピックを扱っており、20以上の自伝的小説を書いています。

有名な俳優ヘンリー・カヴィル(『スーパーマン』、『ウィッチャー』など)は、最も重要なダレル財団のメディア・アンバサダーの一人でもあり、ハッシュタグ#doitfordurrellなどを含むさまざまな方法で保護プロジェクトに対する支援を表明しています。

こちらの記事もおすすめです。
比較心理学と動物行動学の違いについて見てみよう!
My Animals
で読むことができます。 My Animals
比較心理学と動物行動学の違いについて見てみよう!

行動は、他の生物学的特徴と同様に測定することができます。そして、比較心理学と動物行動学は行動を測定する方法でもあるのです。今回の記事では 比較心理学 と 動物行動学 の相違点や共通点について詳しく見ていきます。続きはこちらの記事で見てみましょう!