見たことありますか?変わった野生動物をご紹介!

02 3月, 2020
独特の色や見た目を持つ、不思議な野生動物をご紹介します。
 

世界には数えきれないほどの種類の動物が暮らしています。ですので、今まで見たことのない種が存在するのも当然でしょう。そして新しく発見されたときには、私たちに驚きを与えてくれます。今回の記事では、今まで見たことのないような野生動物をご紹介したいと思います。

初めて見る?野生動物5種

絶滅の危機に瀕しているものや私達の普通の概念と違うものなど、多くの野生動物の中には本当に実在するとは思えないようなものもいます。では、詳しく見てみましょう。

ホワイトライオン

ホワイトライオンは絶滅の危機に直面しています。名前の通り彼らは普通のライオンとは異なる見た目をしていますが、異なる種だとは考えられていません。彼らは亜種として捉えられているのです。

ホワイトライオンはケープライオンの遺伝子変異の結果出現したと考えられています。しかし多くのアフリカの人々には、彼らは神の使いであり、目にすることがあれば一生幸運になれると信じられています。

どうやら毛の色を決めるとても珍しい劣性遺伝子のためにこのような色になっているようです。これは珍しいことですが、同じように多くのケースが確認されています。この色が原因で彼らは特別で独特な存在になっていますが、そのせいで周囲にカモフラージュすることができないため、自然の生息地で生きるのが難しくもなっています。

アマゾンカワイルカ

イルカはとてもかわいくて優しい動物ですよね。カラフルな動物が好きな人は、このアマゾンカワイルカを見てみてください。彼らは淡水にすむ動物で、2.5メートルまで成長し、体重は185キロにもなります。

 
野生動物

彼らは知られている中で最も大きなイルカだと考えられています。アマゾンカワイルカは性的二形で、メスはオスの半分のサイズにしかなりません。面白いのは大人になるとそのピンク色が濃くなるということです。

彼らは鼻が短いという点と、色がピンク色だという点を除いて普通のイルカと非常によく似ているのです。

ウーパールーパー

この生き物は、フレンドリーな顔をした海の怪物とでも説明するのがいいでしょうか。これは幼生成熟する種で、つまり幼生のまま大人になるということです。

野生動物

彼らは両生類ですが、変態しません。これは海に住む両生類にも陸に住む両生類にもあまり見られない特徴です。

この動物は体長が15センチ(5.91インチ)ほどで、おたまじゃくしのような見た目をしています。彼らは真水で生活するため、メキシコの湖などで見られます。

 

残念ながら他の多くの種と同様、この美しい動物もまた水の汚染のために絶滅の危機に瀕しています。他の種との生存競争に巻き込まれ、彼らのエサにもなっているのです。

タイゴン

変わった 野生動物

これは大きなネコでしょうか?それともライオン?トラ?この写真を見てどう思いましたか?この答えはちょっと複雑です。タイゴンは、オスのトラとメスのライオンの間に生まれた動物で、知られている中で最も大きなネコ科の生き物です。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。その答えはシンプルです。成長の遺伝子がメスライオンとオスのトラにあるからです。なので、メスのトラとオスライオンの間にはタイゴンは生まれません。タイゴンは二つの成長遺伝子が合わさった結果なのです。

オオコウモリ

コウモリを見ると鳥肌が立つという方、この世界で最も大きなコウモリをご覧になったことはありますか?体長は180センチ(70.86インチ)にもなります。英語では「フライング・フォックス」という名前がついていますが、それは彼らの頭がキツネの頭にとてもよく似ているからです。

変わった 野生動物
 

幸い、この動物はオーストラリアとアジアにしか住んでいません。なんと目も良く見えるんですよ。

 

今回ご紹介した野生動物についてどう思いましたか?お気に入りの動物は見つかったでしょうか?