【南アメリカのげっ歯類】ビスカッチャってどんな動物?

野生のビスカッチャは、毛皮や食肉として狩られることが多くあります。今日は、げっ歯類であるビスカッチャについて見ていきましょう。
【南アメリカのげっ歯類】ビスカッチャってどんな動物?

最後の更新: 11 2月, 2021

ビスカッチャとは、南アメリカ大陸の特定の地域に生息する、大きなげっ歯類です。群れで生活する習性があり、幅広い声のレパートリーを使ってコミュニケーションを取ります。

ビスカッチャ

プレーン・ビスカッチャとしても知られるこの種は、チンチラ科の動物です。

ビスカッチャという名は、ケチュア語で、プレーン・ビスカッチャ以外にも以下のようなげっ歯類に用いられています。

  • カリアマンガ・ビスカッチャ(Lagidium sp.):エクアドル
  • ノーザン・マウンテニオス・ビスカッチャ(Lagidium peruanum):ペルー
  • サザン・マウンテニオス・ビスカッチャ(Lagidium viscacia):ペルー、ボリビア、チリ、西アルゼンチンなど大陸南部の広範囲に生息
  • オレンジ・マウンテニオス・ビスカッチャ(Lagidium wolffsohni):アルゼンチン南部、チリ

このように、詳しく見ると4種類に分けられるのですが、ここでは一般的なビスカッチャについて見ていきましょう。

南アメリカに生息する大きなげっ歯類、ビスカッチャについて知りましょう。

ビスカッチャ

ビスカッチャの特性

南アメリカに生息するこのげっ歯類は、頑丈で丸い体をしており、体長は65cmほどにまでなります。短い前足と、土を掘るのに使われる分厚い爪のついた4本の指を持っています。

また、顔の黒い縞模様が特徴的で、鼻から頬にかけて横に黒い線が入っています。この黒い毛より下の方(口の周り)は白く、また、上の目の周りにも白い毛が生えています。

その他の特徴は、次のような点です。

  • 大きな頭
  • 大きな目
  • 下の方が広く、先が細く尖った耳
  • 前足よりも短く強い後ろ足。長い爪を持つ指
  • ふさふさして短く、カーブした尻尾
  • 柔らかく短い毛。銀色がかったねずみ色や茶色がかったねずみ色。お腹の毛は白い。
  • オスはメスよりも大きく、体重は平均して5.5kgほど。頭はもっと大きく、顔のコントラストもはっきりとしている。

ビスカッチャの生息地と食事

ビスカッチャは、草原や低木の平野に生息しています。標高1900mまでの地域で見つけることができるでしょう。繁殖期を除き、50匹以下から成るコロニーを形成し、平和的に共生しています。

ひとつのコロニーには、オスが1〜3匹おり、その他は全てメスか子どもです。ですが、他のグループのメンバーを受け入れることはありません。

前足で掘って作った巣穴に住みます。巣穴には、それぞれをつなぐトンネルが作られています。これらのシェルターは、700㎡ほどの範囲内に何個か作られています。

太陽が沈むと、ビスカッチャは餌を探しに巣穴を出ます。ですが、シェルターからそれほど離れることはありません。餌は、ハーブ類、低木、種子類です。

ビスカッチャ

ビスカッチャについてもっと詳しく知ろう

メスは、秋に発情します。この頃、オスは攻撃的となり、お互いに戦います。相手が見つかると巣穴の中で交尾をします。5ヶ月ほどして、体重200gほどの赤ちゃんが数匹生まれます。

オスは生後1歳半で性的に成熟します。この頃、シェルターを出て自分の巣穴を掘るようになります。

メスは、生後8ヶ月〜1歳ほどで性的に成熟しますが、生まれたコロニーにそのまま残ります。

毛皮や食肉として狩猟の対象となっている

ビスカッチャの寿命は、およそ7〜8年です。一般的なビスカッチャは、住んでいる地域に深刻な環境問題を抱えていません。

しかし、特定の地域では乱獲によって数が急激に減ってきています。毛皮や食肉として狩猟されているのです。

洪水もまた、ビスカッチャの数を減らす原因の一つです。農作物に害を与えるために、ビスカッチャを駆除する地域もあります。

 

こちらの記事もおすすめです。
ペットにネズミ!?げっ歯類を飼ってみませんか?
My Animalsで読むことができます。 My Animals
ペットにネズミ!?げっ歯類を飼ってみませんか?

げっ歯類 は優しく温厚で知的なため、ペットに最適です。ハムスターやモルモットがそのいい例ですね。ですが、 ネズミ もまたとてもいい ペット になってくれるんです。ネズミは汚くて病気を持っていると思っている人も多いですが、彼らは実はとても頭がいい動物で、素晴らしい生存能力と適応能力を兼ね備えてい...