聴覚障害者の生活向上を助ける聴導犬

聴覚障害者の生活向上を助ける聴導犬

最後の更新: 11 6月, 2018

私たちは、犬は子供にとって素晴らしい遊び相手であると確信しています。また、より健康で幸せで感受性があり責任ある人間に成長するのを助けてくれます。 しかし、それだけでなく犬はさらに多くのことができるのです。

優しい心を持った犬は、身体的、精神的、感情的の面から、医学治療を受けてる子供のために活躍します。 今日は聴導犬が聴覚障害児の生活にどのような影響を与え、メリットをもたらすのかについてお話します。

聴導犬と聴覚障害児

だっこされる犬

聴導犬は介助犬の一種です。聴導犬は聴覚の障害がある子供たちを助けるために訓練されており、実際に子供の耳となって活躍しています。よって、聴導犬が耳の聞こえない子供の人生を変える力を持っているといっても決して過言ではありません。
犬の助けを借りて子供は次のことができるようになります。

・より自律的になり独立心を持つ

・社会生活により順応する

・学校でより良い成績を収め振る舞いも良くなる

それに加え、聴導犬は家族に安らぎを与えます。また、子供が安全で幸せでいることを保証します。

聴導犬の仕事とは?

聴覚障害児を助けるために訓練された犬は、以下のことをができるようになります。

・目覚まし時計を認識する

・ドアのチャイムや電話着信音、クラクション、様々な種類のアラームなど、特定のことを子供に知らせ警告する

・両親が電話をかけてきたことを子供に知らせる

・危険を警告する

さらに聴導犬は、しばしば子供の仲の良い遊び相手となります

聴導犬の選択と訓練

聴覚は嗅覚と並んで、最も発達した感覚です。そして人間は耳の不自由な人の生活の質を向上するために、この犬の特別な能力を利用しています。

聴導犬は、社会生活に順応した後、聴導犬としてのスキル発達のために訓練されます。順応性があり、社会的で、多種多様な状況に対処できる犬の品種が好ましいです。人気のある聴導犬の犬種は以下のとおりです。

・コッカースパニエル

・プードル

ラブラドール

訓練をすれば、雑種もこのタイプの仕事に非常にふさわしいです。

介助犬

聴覚障害者を助ける犬は介助犬の一種です。介助犬は、様々な種類の障害を持つ人々の身体的および心理的支援のために訓練を受けた犬です。例えば

・目の不自由な人に同行する盲導犬サービスドッグ

てんかん発作探知犬や低血糖探知犬

・身体的および運動上の問題を持つ人々を助けるために訓練を受けたサービスドッグ

私たちに様々なメリットをもたらす犬

子供たちと犬

すべての子供は、ペットと一緒に育つという素晴らしい体験をする機会を得るべきです。ペットが子供にもたらす多くの身体的心理的そして感情的なメリットについて書かれた記事がこの動物王国のブログにもたくさんあります。興味がある方は是非読んでみてください。

ここでまた犬を飼うことが子供にとってとても幸せだと言うことを繰り返し強調したいと思います。子供が健康であるにせよ、肉体的または精神的に障害があるにせよ、どちらの場合においても当てはまります。

したがって私たち人間は、私たちのためにやってくれた全ての事について犬に感謝の気持ちを持たなければなりません。聴覚障害児を助ける聴導犬は犬がもたらすメリットの素晴らしい例の1つです。

It might interest you...
ペットがこころの健康に良い5つの理由
My Animalsで読むことができます。 My Animals
ペットがこころの健康に良い5つの理由

ペットを飼う時、おそらくペットがもたらすメリットについて特に深くは考えないでしょう。しかし、ペットと一緒に暮らす事は、人生の様々なステージにおいていろいろな形で私たちを助けてくれることが研究によって絶えず発表されています。今回はペットと暮らすことが、心の健康にとても良い理由をご紹介したいと思い...