ペットにぴったりのお洋服選び:犬種の特徴に合わせよう

27 2月, 2020
ペットに服を着せる時、気を付けるポイントがいくつかあります。寒さから守る役割もありますが、アレルギー反応を起こしてしまう恐れもあるのです。

ペット用のお洋服はとてもかわいいので、ついつい買ってしまいたくなりますよね。しかし、服を着せる前にペットの洋服の良い点と悪い点を知っておくことが大切です。

ペットに服を着せることのメリット:寒さから守ってあげること

冬の寒さは思っているよりも深刻な問題を引き起こすこともあります。寒さのために呼吸器系の問題や関節炎などの病気を悪化させてしまうこともある、ということを覚えておくことが非常に多雪です。

犬の中には極寒の地が出身のため寒い気候に適応している犬種もいます。これは北国の犬などで、毛が二重になっており、分厚い皮下脂肪を持っています。

犬種の特徴に合わせよう

シベリアンハスキーやシャー・ペイ、サモエド、アラスカンマラミュートやチャウチャウなどを飼っている場合は、体を保護する耐えに服を着せる必要はありません。彼らの体はすでにとても寒い温度にも耐えられるようにできており、服は邪魔になるだけだからです。

ペット 洋服

毛の少ない小型犬は寒い気候にとても弱い犬種です。体がよりか弱く外で生き残れるようにできていないので、すぐに病気になってしまいます。こういった寒さへのケアが必要な犬種には以下のようなものがあります。ヨークシャーテリア、ピンシャー、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、パグ、チワワ、ミニチュアブルテリア、チャイニーズ・クレステッド・ドッグなどです。

ネコについては、犬よりももともと寒さに強くありません。ですので、好ましくない気候の中にいると重い病気にかかってしまう恐れもあります。

怪我や衝突から守ること

ペットに服を着せることで、体をすりむいたりすることや、打撲や傷やひっかき傷から守ることができます。ペットが「言うことを聞かない」期間にあるときは、自分を傷つけてしまうことからも守ってくれます。また、細菌や寄生虫、環境中のアレルギーなどから守ってくれる特殊な服もあります。

ペットに服を着せることのデメリット

ペットに服を着せることの最大のデメリットは、アレルギー反応を起こす恐れがあることです。犬や猫の種類の多くに、とても繊細な肌を持っているものがいます。布が擦れたり服やおもちゃの縫い目が触れるだけで多くの不快感を感じ、アレルギーや肌の炎症を引き起こしてしまうこともあるのです。

ペット お洋服

その他のデメリットとしては、家庭での微生物や細菌の繁殖を防ぐためには。服をしっかりときれいにしなければならないという点です。それにはシミやにおいなども含みます。

また、最近のペットの洋服産業の発展は、ペットを過度に人間化しているという警告だと捉えることもできるでしょう動物と一緒に暮らすということは、その野生での特徴を尊重することでもある、ということを忘れてはいけません。

ペットの服を選ぶときのアドバイス

ペットにお洋服を着せる前に、使われている布の質と縫製をしっかりと確かめることが非常に重要です。そして私たちの親友に服を着せることは何かを助けるためのものであるべきです。例えば健康や快適さ、ウェルビーイングがなによりも優先されなければなりません。

では、意識的にペットのお洋服を選ぶ際のアドバイスをご紹介します。

  • ペットに何かしらのアレルギーが無いか調べましょう。

ペットがアレルギーテストを受けたことが無い場合、それについて獣医さんに相談することが大切です。食習慣や行動、体に変化があったことがある場合は特にそうです。

ペットにアレルギーがあるか無いかがわかったら、ペットを不快にさせない服を選びましょう。

  • 小物のついた服は避けましょう。

犬や猫は本来好奇心が旺盛な生き物です。新しくて目を引くものを発見するのが大好きなので、なめたり噛んだり遊んだりします。問題は、服についているものが喉に詰まってしまう可能性があるのということです。それにより窒息してしまう恐れがあります。ですので、羽やベル、ボタンなどのついた服は避けましょう。

採寸

  • ペットのを身長を測りましょう。

ペットのお洋服のラベルに書いているサイズがいつもぴったりだとは限りません。正しいサイズなのかを確かめるには、犬の身長を測る必要があります。背丈、体の長さ(首からしっぽの付け根まで)、首回りとお腹周りなどを採寸しましょう。

  • ペットの反応を見ましょう。

私たちの好みとペットのウェルビーイングが一致しないこともあります。ですので、素敵なお洋服がどれだけペットに似合っていても、ペットがそれを歓迎していなければ意味がないのです。ペットに新しい習慣を押し付ける前に、その反応や気持ちをしっかりと見てあげることが欠かせません。