【ワンちゃんの問題行動】飛びつき癖を直しましょう!

13 7月, 2020
帰宅すると玄関で飛びついてお出迎えするワンちゃんの癖を直すことは可能なのです。
 

愛犬の飛びつき癖を直し、他の方法で落ち着いて出迎えてくれるようにしつけたくないですか。

飼い主が帰ってくると、興奮から飛びついてしまうワンちゃんは多いものです。勢いよく前脚で飼い主に飛びつくことで飼い主がケガをしてしまう場合もあります。今回はそんな問題行動を直す方法をご紹介します。

 

ワンちゃんが飛びつくのを防ぐ

帰宅時に飛びついてくることは問題行動であり、危険な場合もあります。小型犬であれば爪で服を引っ掻けてしまうこともあり、大型犬はその大きさから飛びつくことで人を押し倒してしまうこともあります。

しかし、ワンちゃんは通常機転が利くため、この問題行動は直すことが可能です。実際、ものの数日で覚えてしまうワンちゃんもいるのです。しかし、時に努力をしなくてはいけないのは人間のこともあります。私たちは知らず知らずのうちにワンちゃんを興奮させ、飛びつくように促してしまっていることもあるからです。

興奮させない

飛びつき癖を直すためには、まずは帰宅時にワンちゃんを興奮させないようにしましょう。ワンちゃんがそわそわしている場合、そのエネルギーは飛びつくことで発散されます。そのため、私たちが落ち着いて家の中に入ってくることでワンちゃんも落ち着いて行動するようになります。

その他にも帰宅時に早口で話す、大きな声で話す、同じことを繰り返して言う、叫ぶ、手を叩くなどという行動はワンちゃんを興奮させてしまいます。

玄関に入ったら穏やかな雰囲気を作り、静かに愛犬に挨拶をするようにします。声を張り上げる、小走りする、飛びつくように促すといった行動をやめることで問題行動は減ってくるでしょう。

飛びつき ワンちゃん

合わせて読みたい『問題行動を解決!ワンちゃんにお勧めの行動療法

飛びつかれても喜ばない

ワンちゃんが飛びついてくると無意識的に喜んでしまう人がいますが、飛びつかれて喜ぶとワンちゃんは褒めてもらえたと思ってしまいます。あなたが喜ぶことで「褒められた」と思ったワンちゃんは、もっと飛びついてもらいたいんだと勘違いしてしまうのです。

飛びつき癖を直すには、まずは自分が飛びつきを促してしまっているかもしれないことに気が付くことが大切です。優しく話しかける、どこに前脚をついたらいいか示す、笑うなどという行動は無意識のうちに飛びつきを促していることになるのです。

しかし、だからといって帰宅してもワンちゃんを無視するのは良くありません。こうしてしまうと、ワンちゃんはあなたの気を引こうとグイグイ寄ってくるかもしれません。そのため、無視をするのではなく、全部の足が床についているときに穏やかに「ただいま」と挨拶をするのです。

背を向ける

 

飛びつき癖を直すには、飛びついてきた瞬間に背を向けることもできます。

  • ゆったりとした動きで飛びつかせないようにします
  • 穏やかに反応することで、飛びつくということが問題行動だと示すことができます
  • ワンちゃんが飛びつくときに前脚が当たる部位を隠します

つまり、飛びつこうとしたら、ワンちゃんにゆっくりと背を向けるのです。こうすることで、そのようなお出迎えは求めていないというメッセージを送ることができます。そして、床に4本の足がついているときに褒めることで、飛びつかない行動を促すのです。

飛びつかずにお出迎えする方法を教える

ワンちゃんは、飛びつくことでしかお出迎えができないと思っている人もいるかもしれません。このような考えが飛びつき癖に結びついていることもあります。飛びつき癖を直すには、飛びつかずにあなたをお出迎えする方法を教えてあげるのです。

飛びつき ワンちゃん

関連記事『犬の問題行動!人にオシッコをかけてしまう理由とは?

飛びつき癖は直すことができると信じていれば、他の方法を教えることができます。望ましい方法でお出迎えすることを教えてあげれば、この問題行動は無くなります。

例えば、飛びつくのではなく「ハイタッチ」をすることで挨拶をすることを教えるのです。まずは「おすわり」と「お手」を教えます。そして、帰宅時に飛びついてきそうになったら「おすわり」と命令します。当たり前ですが、座っていたら飛びつくことはできません。

その他にも、床のにおいを嗅がすという方法があります。帰宅時に床の上にエサを少し置くことでワンちゃんはあなたに飛びつくよりも、エサを探すことに夢中になります。ワンちゃんにしてみれば、背を向けたあなたに飛びつくよりもエサを食べられることの方が嬉しいはずです。

帰宅時に愛犬に「突撃」されないように教えることは難しくありません。ワンちゃんも人間も同じように努力をすればいいのです。大切なのはワンちゃんを興奮させない、そして飛びつきを促さないということです。また、飛びついてくるタイミングで背を向けるようにしてみてください。これでもうまくいかない場合は、他のお出迎え法を教えてあげましょう。