素朴なギモン:犬も人と同じようにパスタを食べてもいいの?

06 4月, 2020
パスタは長期的には悪影響を及ぼすため、通常の餌に加える食品ではありません。栄養面でパスタに大きなメリットはありませんが、時々愛犬と一緒にパスタを食べることは危険でもありません。 

パスタは世界中で食べられています。そして、多くの飼い主は自分の犬もパスタを食べられるのか、食べても健康に問題がないのか疑問に思っています。結論から先に言うと、肝臓の病気を患わっていない限りパスタは犬にとって毒でも害でもありません。

パスタは長期的には悪影響を及ぼすため、通常の餌に加えるべき食品ではありません。栄養面でパスタに大きなメリットはありませんが、時々愛犬と一緒にパスタを食べることは危険でもありません。 

パスタ:高炭水化物食

パスタの栄養成分は、一般的には水と小麦粉、そして場合によっては卵も含まれています。つまり、パスタは炭水化物が高いということです。 

犬に正しく餌をあげることに関して言えば、炭水化物を主なエネルギー源にしてはいけません。炭水化物は体重増加を招き、栄養不足を引き起こす原因になるからです。また、炭水化物には栄養価があまりありません。 

パスタは愛犬の餌に必須?

パスタを食べることは犬の食事に必須ではありません。犬はタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどを摂取することが栄養の基本です。そのため、主なエネルギー源はタンパク質であると考えておくことが重要です。

そうは言っても、愛犬にパスタを与えたければ、毎日でなければ問題はありませんただ、パスタを餌の基本にしてはいけないだけです。

犬 パスタ 
関連記事『犬用サラダのレシピ!愛犬にホームメイドでヘルシーなご褒美』 

また、胃腸のトラブルを防ぐためにも、パスタと加工食品を混ぜるのは避けた方がいいでしょう。食品によって消化のプロセスが異なり、どのような影響が出るかは犬によって違ってくるからです。

パスタを食事に加える方法

通常、ホームメイドの犬の餌はタンパク質と野菜が中心になります。だからといってパスタを時折混ぜてはいけないということではありません。もし、パスタを餌として与えるのであれば、どのように加えたらいいかを知っておく必要があるでしょう。

パスタを与える前には、その成分を把握しておくことが大切です。調理方法を確認し、同様にパスタが小麦や穀物(オート麦・大麦・全粒粉・米粉・亜麻など)からできているのか確認しましょう。これらは犬にとって良い穀物であり、消化の手助けになります。

繰り返しになりますが、魚・肉・卵のような他の食品を取り入れることが重要なので、パスタを餌のメインにはしないようにしましょう。また、少量の野菜を加えるのも手です。

一方で、塩分などペットが食べてはいけない食品は中毒死の可能性があるので必ず避けましょう。

 

犬 パスタ 
合わせて読みたい『犬の中毒事故を防ぐにはどうしたらいい?

消化不良の症状

パスタを食べた後、消化不良の症状が出ることがあります。これは、与えた食べ物に不耐性を持っていることを意味する場合もあります。嘔吐・下痢・消化不良・ガス・倦怠感・膨満感などがその症状です。

そして、犬の餌にはどんな種類であってもソースを加えないことが重要です消化器系のトラブルを引き起こすだけでなく、中毒症状が出ることがあります。

パスタを食べてはいけない犬種

犬によっては太りやすい体質の犬種もあり、それらの犬種はパスタは食べない方がいいでしょう。たとえば次のような犬種です。ラブラドール、ビーグル、ダックスフント、ボクサー、イングリッシュブルドッグ、ラフコリー、パグ、バセットハウンド。

他にも、シニア犬、不妊手術を受けた犬、活動量の少ない犬、短頭種もパスタは避けた方がいいでしょう。

パスタは強力なエネルギー源になるため、摂取された分のカロリーが燃焼されないと体重増加の原因となる脂肪に変わります。肥満は犬の健康に非常に悪く、関節炎や関節形成不全などの健康問題や病気を引き起こす原因となることを忘れないでください。