レッドビーツの犬の健康への効果について学んでみよう!

25 2月, 2020
レッドビーツのパルプは犬にとって素晴らしい食物繊維源になります。この記事でさらに詳しく説明していきたいと思います!
 

ご存じの通り、犬の健康に良い自然でヘルシーな食べ物はたくさんの種類があります。こういったものを適切に調理する方法を知っていれば、ペットの健康をケアするのに大いに役立たせることができます。

野菜や豆類の中には、犬の健康にとってとても効果的なものもありますが、今回紹介するレッドビーツもその一つだということをご存知でしたか?この記事では、ビーツの持つ健康への素晴らしい効果についてご紹介していきたいと思います。

レッドビーツの性質

この植物は、ビートルート、ガーデンビート、シュガービートなど非常にたくさんの名前を持っている草本で、茎は緑色をしています。ビーツには様々な種類があるのですが、多くは農業や商業用に育てられています。

レッドビーツは生食用品種ではありますが、ほとんどの場合調理されます。そして調理の過程でビーツの煮汁はピンク色や赤色になりますが、なぜだかご存じでしょうか?

これは、レッドビーツに含まれる2つの強い色素、ベータシアニンとベタキサンチンによる赤色です。これら2つの色素は触れたもの全てを赤くしてしまう以外には、全く無害な色素です。

また、レッドビーツは動物の食事のサプリとして長い間使われてきました。これを作るのには、産業用に糖分が抜かれた後のパルプが主に使われています。そしてこのパルプが、犬を含む動物には理想的な食べ物なのです。

レッドビーツ 犬
 

食物繊維の源

最も大きなメリットの一つが、レッドビーツに含まれる食物繊維です。例えば、(パルプあるいは高品質のドッグフードなどの)適切な量のレッドビーツの中に含まれる食物繊維は、犬の消化活動を助けてくれます。

これは便秘や下痢をしている犬には特に役立ちますし、食物繊維は糞の量や湿度を高めることで、糞の状態を良くしてくれるのです。

メリットは他にもあります。レッドビーツの食物繊維は消化を助け、食べ物から必要な栄養を吸収するのに役立ちます。さらに、レッドビーツにはプレバイオティクス(特殊な食物繊維)が含まれており、これは犬の腸内フローラの成長を助けてくれるのです。

ご覧の通り、レッドビーツはただの野菜以上の素晴らしい性質を持っています。ですので、トップクラスのドッグフードブランドの多くは、原材料の中にレッドビーツを取り入れているのです。

レッドビーツ 犬

その他のメリット

食物繊維に加えて、レッドビーツには犬の健康に欠かせないその他の栄養素やミネラルが含まれています。

例えば、この植物に含まれる様々なミネラルの中には、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどが含まれています。これらすべてのミネラルは多量元素と呼ばれており、これはさまざまな筋肉、神経系、神経機能を動かすのに必要です。

 

それだけではなく、なんとビタミンもたくさん含まれています。(ビタミンB9としても知られる)葉酸が豊富に含まれ、赤血球を形成するビタミンB12も入っています。

さらに、レッドビーツの中にはビタミンAやCも含まれています。ビタミンAはレチノールやレチノイン酸が豊富で、これは視力や健康な肌、そして生殖機能にも欠かせないものです。

一方ビタミンCは健康な骨や歯にとって非常に重要ですが、このビタミンを過剰にとる必要は犬にはありません。犬はビタミンCを自分で統合することができるからです。

ご覧の通り、レッドビーツの犬への栄養的な価値は疑う余地のないものです。しかし、「動物王国」でいつもお勧めしているように、ペットの食事に何か新しいものを導入する際には、獣医さんの指示を仰ぎましょう。

 
  • Howard, M. D., Kerley, M. S., Sunvold, G. D., & Reinhart, G. A. (2000). Source of dietary fiber fed to dogs affects nitrogen and energy metabolism and intestinal microflora populations. Nutrition research20(10), 1473-1484.
  • Fahey Jr, G. C., Merchen, N. R., Corbin, J. E., Hamilton, A. K., Bauer, L. L., Titgemeyer, E. C., & Hirakawa, D. A. (1992). Dietary fiber for dogs: III. Effects of beet pulp and oat fiber additions to dog diets on nutrient intake, digestibility, metabolizable energy, and digesta mean retention time. Journal of animal science70(4), 1169-1174.