形成異常の影響を軽減する特別なドッグフードとは?

18 2月, 2020
食べ物の構成要素には形成異常が現れるのを防ぐだけでなく、ペットの健康的なライフスタイル全般に気を付けることと同じくらいの重要性があります。
 

腰やひじの形成異常は多くの犬の健康状態に影響を及ぼします。それを予防したり症状を軽減することはできるのでしょうか。もしこのような疑問をお持ちなら、この記事を通してこの病気とその影響を軽減する特別なドッグフードについて学んでいきましょう。

形成異常とは?

腰やひじの形成異常は遺伝的な病気で、世代から世代へと受け継がれます。この形成異常は腰やひじの関節が正しく位置していないことにより起こります。骨が互いにぶつかり合い、不自然な動きをしてしまうので骨の摩耗が速くなり、関節がうまく機能しなくなるような問題が起こります。この病気の問題は、これがひっそりと進行することです。

つまりこの問題が例えば生まれつきなど長い間存在していても、より後の段階になるまで痛みを感じることが無いということです。あなたがこれに気づくころには、普通に食べたりジャンプしたりしていた犬がほぼ完全に動けなくなってしまっているのです。

形成異常 食べ物

犬の中には、遺伝的な構造のためにこの病気になりやすい犬種もあります。特に大型犬に多く、その原因は関節が重い体重を支えなければならないからだと言われています。また、体の成長が速い犬なども、関節が強化されるのが間に合わないためこの病気にかかりやすくなります。

 

最もこの病気になりやすい犬種には以下のような種類が挙げられます。

  • ジャーマンシェパード
  • ラブラドール
  • ロットワイラー
  • マスティフ
  • ニューファンドランド
  • ゴールデンレトリバー
  • グレートデーン
  • セントバーナード
  • その他の大型犬や超大型犬

形成異常の痛みを和らげるには

考慮に入れるべきことはいくつかありますが、痛みを感じ始めたらすぐに取り入れた方がいいでしょう。

  • 水泳:人間にとってもそうですが、水泳はペットにとっても完成したスポーツです。関節を強化し、筋肉を鍛え、楽しむこともできます。
  • 運動:すべての犬には特定のレベルの運動が必要ですが、大型犬には特に重要になります。散歩に連れて行ったり走らせたりするのは非常に大切なので、飼い主の都合にもよりますが最低でも1日2回、20分の運動をさせましょう。
  • 温度:家の中の温度が暖かいことを確かめましょう。気温が低いと骨や関節に良くないからです。寒い時期に家を暖める方法がないなら、電気毛布や暖かいペットボトルなどを与えましょう。
  • マッサージ:セラピーマッサージは形成異常のある犬の痛みを和らげてくれます。
犬 形成異常

形成異常のための特別な食べ物

食べ物はこの病気から来る痛みを軽減し、防ぐ上で最も重要な要素の一つです。ですので、子犬の頃から良い栄養を与えてあげることが大切なのです。また、肥満を防ぐためにバランスの取れた食事を与える必要もあります。肥満になると関節にかかる体重が増えるので、関節に問題が起きやすくなるのです。

 

関節を守るために作られたドッグフードは、痛みを軽減するのにとても優れています。カロリーの低い食事になっており、関節のケアと強化をしてくれる特別な材料が入っているのです。

形成異常になりやすい犬種を飼っているなら、子犬の頃からこのタイプのドッグフードを与えて、問題を予防するのがいいでしょう。これは避けることのできない病気ですが、それが発生するのを遅らせたり発病しないようにできる可能性も高いのです。

また、このようなドッグフードとサプリを併用することもできます。サプリの中には、ヒアルロン酸、コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン硫酸などが含まれているものもあります。これらの要素は全て関節の適切な機能にとても良いもので、この病気になっていてもそうでなくても、とても役に立つでしょう。

ペットを飼うということは、そのすべてのニーズに応えてあげなければならないという責任を担うことです。この場合、運動、良い栄養、家での快適な温度、栄養サプリメントなどがその例です。今回のアドバイスを参考にすれば、ペットのクオリティ・オブ・ライフを向上させることができるでしょう。