ネコが急に鳴かなくなった:すぐ異変に気付ける飼い主になろう

27 5月, 2020
これは手術、外傷、先天性の異常などによって起こる可能性がありますが、風邪や病気、ストレスなどが原因のこともあります。

ネコちゃんがニャーと鳴かなくなったり、ほとんど聞こえないくらいの声で鳴いたりするようなことはありませんか。ネコちゃんの声が出なくなるのというのは大きな問題なのでしょうか?これは一時的なものだと思う人が多いですが、これが長引いているときはどうしたらいいのでしょうか?

ネコちゃんの声が出なくなることってあるの?

一時的、あるいは永久に声が出なくなってしまうことがありえます。一般的に、ネコちゃんが永遠に声を失ってしまうのは手術、外傷、先天性の問題などが原因です。

しかし、ネコちゃんが声を失ってしまうのには様々な異なる理由があります。ネコの鳴き声がとても静かになったり全く聞こえなくなったりするため気づくのは非常に簡単でしょう。人間と同じように、風邪を引いているときにも声が出なくなることがあります。

風邪を引くと喉頭に炎症が起き、普段通り「話せなく」なります。喉頭は声を出すときに重要な役割を果たしています。ですので、この部分が炎症が起きていたり腫れていたりすると、声がとても出しにくくなったり完全に出なくなったりしてしまうのです。

ネコちゃんの声が出なくなったのに気づくには

ネコちゃんの声が出なくなったことに気が付くには、ネコちゃんの出す音からわかります。普通に食べたり遊んだりしているのに、鳴く頻度が少ないことがあるかもしれません。この場合はあまり心配することはないでしょう。

ネコ 声 出なくなった

しかしすでに述べたように、喉頭に炎症があるとかすれて乾いた短い音を発するようになります。ネコちゃんが風邪を引いて声が出なくなってしまうことを防ぐためには、お風呂に入れた後や雨でぬれた時などにしっかりと乾かしてあげる必要があります。どんなに暑い日でも、飲み水として冷たい水をあげてはいけません。室温の水をあげるようにしましょう。

また、ネコちゃんが声を失うのはストレスが原因の場合もあります。ネコは習慣の生き物ですので、何かが少し変わることで一時的に声が出なくなり、普段通りに戻ると声も戻るということもあります。

声が出ない状態が長続きした場合は?

ネコちゃんの失声症が軽度のもので、声にも変化がない場合は心配する必要はありません。しかし、これが長い期間続いた場合は少し気にした方がいいでしょう。

ネコ 声 出なくなった

声が出ない状態が3、4日で終わる場合は、人間でもそうですがよくあることだと言えるでしょう。しかし、ネコちゃんに他の合併症がある場合には獣医さんに連れていきましょう。

失声症が呼吸器系の病気の結果や何か有毒なものを吸い込んだり摂取したりしてしまったサインである可能性もあります。これによって喉頭やその他の呼吸器系の組織がダメージを受けたのかもしれません。

これまで使ったものや人が勧めるものがあるかもしれませんが、この症状に効く薬はありません。

獣医さんに診せて失声症の原因を特定してもらい、必要な処置を受けましょう。そしてネコちゃんの声が再び出るようになるように、獣医さんの指示に従いましょう。

この問題が病気や呼吸器系の感染症によって引き起こされたものであっても治療自体はあまり難しいものではありません。大切なのは、落ち着いて獣医さんと協力してネコちゃんの声の回復をサポートすることです。

何も悪い所がないかどうか確かめ、他に合併症を起こしていないかどうかをチェックするためにも、ネコちゃんのことをよく注意して見てあげることが飼い主としても重要な責任です。