ペットと過ごす初めてのクリスマス:注意するポイントは?

11 12月, 2019
12月というのは犬や猫にとって大変な時期です。初めての音、におい、予定などで不安になったり恐怖を感じたりすることもあります。

12月というのは犬や猫にとって大変な時期です。初めての音、におい、予定などで不安になったり恐怖を感じたりすることもあります。今回はペットと過ごすクリスマス休暇で注意するポイントをお伝えします。

ペットとクリスマス

クリスマスシーズンはたくさんのデコレーション、新しい来客、家に漂う新しい香りなどで満たされています。クリスマスツリーといった目新しい物が床に置かれているだけでなく、ペットは長期滞在する友人や家族とも生活の場を共にしなくてはいけないのです。

このような突然の変化にペットはどう反応するのでしょうか。ペットは新しく見る、聞く、嗅ぐものでストレスを感じます。このような変化にペットを慣れさせるには、いつもより多く構ってあげるといいでしょう。

ペット クリスマス  猫

合わせて読みたい:犬の基本的な行動を理解しよう!

初めてみる光景や嗅ぐにおいの他にも、家の外から聞こえる車の音などの騒音も増えると考えられます。このような刺激は犬や猫にとっては耐え難いものかもしれないため、クリスマス休暇を乗り切るためにもペットとの時間を特別なものにしてあげましょう。そうすることでペットは身体的、精神的、情緒的にずっと安定するようになります。

ペットとのクリスマス休暇中に気を付けたいポイント

花火の音を聞くと、ペットは緊張したり攻撃的になったりすることがあります。ストレスがあまりにも強くてオシッコやウンチを漏らしてしまうこともあるかもしれません。多くの動物にとって、大きな音はお祝い事ではなく危険を連想させるものなのです。

ペット クリスマス

合わせて読みたい:ペットのメンタルヘルスについて学んでみよう

部屋の隅っこ、あるいはテーブルやベッドの下に隠れるかもしれません。不安が強すぎる場合、騒音と混乱から逃れるために家から逃げ出すこともあります。ペットと過ごすクリスマス休暇中に気を付けるポイントには次のようなものがあるので見てみましょう。

1.IDタグ

大切なペットは、1年を通していつでも身元が分かる状態であることが大切です。恐怖や不安で逃げ出すことが多いクリスマスシーズンはなおさらです。ペットの身元がすぐに分かるようになっていれば、探し出せる可能性はぐっと上がります。

たとえ普段から外にいることに慣れていても、この時期に庭につないでおくのは避けましょう。守られていると安心できる静かな場所に連れて行くのがベターです。

2.ペットと遊ぶ

余分なエネルギーを発散できるように、家や散歩に連れ出して遊ぶ時間を作ってあげましょう。そうすることで落ち着き、クリスマス休暇中の変化に圧倒されて変な行動に出ることはなくなるでしょう。

3.隠れる場所

動物はストレスや恐怖を感じると隠れたがるものです。隠れようとすることを叱るのではなく、ペットが守られていると感じられる場所で安心できるようにしてあげましょう。この場所には危険な物や壊れやすい物がないようにしましょう。

4.音楽をかける

クリスマス休暇中にペットが一人で夜を過ごさなくてはいけなくなった場合、どうしてあげるといいのでしょうか。クラシック音楽をBGMでかけてあげると落ち着くかもしれません。

また、近くに食べものや飲みものがあることも大切です。大好きなおもちゃ、ブランケットやクッションなども役立ちます。

5.家庭療法

ペットがリラックスできる家庭療法について調べるのもいいでしょう。バッチフラワーやホメオパシーの精神安定剤も選択肢に入れておくといいでしょう。ただし、この場合はペットショップの店員や獣医から助言を仰ぐのがベストです。