動物界におけるフェロモンの役割とは?

あなたはフェロモンが何かを知っていますか?また、フェロモンが動物界でどのような役割を果たすか知っていますか?今日は、フェロモンについて見ていきましょう。
動物界におけるフェロモンの役割とは?

最後の更新: 23 2月, 2021

フェロモンは、動物の行動に大きな影響を与え、動物の生活習慣において、私たちが考えるよりもずっと大きな役割を果たしています。動物界がどのように動いているかを理解するためには、フェロモンとは何なのか、そしてその役割を理解するべきでしょう。

ホルモンとは違う物質

フェロモンとは、動物が自分と同じ動物種の、他のメンバーの生理的機能に変化を与えるために放出され、性的行動・縄張り行動に介入するための物質です。これらの物質は、動物の鼻の受容体にあり、重さが軽い分子化学体です。

フェロモンが何かを本当に理解するには、これが同じ動物種の他のメンバーとお互いにコミュニケーションをとる際にとても重要な役割を果たすものだということを知らなくてはいけません。内部的に働くホルモンとは違い、フェロモンは唾液、汗、尿を通して排出されます。また、受容体に特定の影響も与えます。

フェロモン

動物がフェロモンを放出すると、同じ動物種の別の個体に影響を与えます。この反応は、気候や日光といった他の要素と同じく、バイオスティミュレーションとして知られる現象に含まれます。例えば、授乳をしている母親が子どもに囲まれると、もっと母乳を作り出すようになります。

フェロモンは何のためにあるの?

フェロモンが放出するシグナルを、鼻腔の内側にある鋤鼻器官が検出します。フェロモンの刺激は、対応する反応が起こる脳に送信されます。

フェロモン

鋤鼻器官は、視床下部の神経終末に繋がっており、視床下部は恐れや性的魅力などの感情をコントロールします。その役割は、特定の情報を伝達し、身体的な反応へと訳すことです。

  • フェロモンは、生殖行動において特に重要な役割を果たします。例えば、メスのヤギや羊などの動物では、オスのホルモンが周期的な卵巣の活動を誘発します。他にも若いオスのゾウの例もあります。彼らはハチミツに似た匂いを出し、他のオスとの競合を避けます。また、生まれたてのネズミの涙に含まれる特定のフェロモンは、母親の性欲を妨害するため、子育てに集中することができるのです。
  • 縄張り行動としては、特定の地域に生息する他のメンバーに伝える座標としての役割を果たします。知らないネコが別のネコのテリトリーに入り込む時などです。例えば、その地域のリーダーとみなされるネコが本能的に攻撃的になる、ほとんど自動的な引き金となります。

フェロモンのさまざまな役割にはびっくりさせられますよね。自然の偉大さには本当に驚くことばかりです。

こちらの記事もおすすめです。
発情期を迎えた犬のお世話の仕方を見てみましょう
My Animalsで読むことができます。 My Animals
発情期を迎えた犬のお世話の仕方を見てみましょう

もしあなたの愛犬がメス犬であるなら、ある時点で発情期を迎えることを忘れないでください。多くの人にとって、それは恐ろしく感じることかもしれませんが、当たり前のことなので構える必要はありません。本記事では、 発情期 を迎えた 犬の世話 の仕方をご紹介いたします。