【そっくりさん】結局のところ犬は飼い主に似るの?

犬は飼い主に似ると考えてる人々がいます。もしかすると、私たちは犬を選ぶ際に、無意識に自分に似た性格や見た目の犬を選んでいるのかもしれません。もしくは、飼っているうちに、犬が飼い主を”真似”しているのかもしれません。
【そっくりさん】結局のところ犬は飼い主に似るの?

最後の更新: 24 12月, 2020

あなたはこれまでに、犬を散歩させている人を見かけ、「飼い主と犬がそっくり!」と思ったことはありませんか。歩き方やスタイル、時には見た目もそっくりだと思ったことがあるかもしれません。犬は飼い主に似る、と聞いたことがある人もいるかと思いますが、結局のところ、犬は飼い主に似るのでしょうか。

飼い主とペットの犬は似ている

性格は様々です。ゆっくりと穏やかに歩くタイプがいるかと思えば、タスマニアンデビルのようなタイプもいます。眠るのが大好きなタイプがいる一方、活発に動き回ってばかりのタイプもいます。これは、犬の話でしょうか?いいえ、犬と飼い主の両方のことを言っているのです!

ペットを飼ったことのある人ならわかると思いますが、ペットにはそれぞれの個性や特性があり、飼い主から受け継いだと思われるような習慣を持っています。

愛犬について話す時、「うちの子は日向ぼっこが大好き。」「雷を怖がるの。」「知らない人は警戒する。」「まったく、じっとしていられないのよね。」なんてことを言う人がいるかもしれません。実はそう言っている飼い主こそが、こういう特性を持っているのかもしれませんよ。

犬を何匹も飼っている方は、どれも飼い主に似てくることに気がついていることでしょう。活発かそうでないか、エネルギーにあふれているのか眠たいのか、シャイなのか社交的なのか、たくさん食べるのか少食なのか…似ていると思われる点はいろいろあるでしょう。

そっくり 犬 飼い主

しかし、これはなぜでしょうか?まず一つ目の理論は、人間は無意識に自分と似たところのあるペットを選ぶというものです。だから、のんびりした飼い主に穏やかな性格のペット、神経質な飼い主に落ち着きのない犬の組み合わせがよく見られるのです。

飼い主は、犬を選ぶ時に気がついて選んでいるわけではありません。ですが、選ぶ際になにか引き寄せられるようなものがあるのでしょう。ゆっくりした動きをするタイプの人で、水が好きだという人は、ラブラドールレトリバーを選びがちだというようにです。エクササイズが好きでいつも活動的な人は、ダルメシアンやジャック・ラッセル・テリアを選ぶかもしれません。

実はこれは、恋愛関係にも言えるのです。自分と似たところのある人や共通の趣味のある人、自分と同じものが好きな人を好きになり、恋人として選ぶことが多いのはそのためです。犬の見た目が飼い主と似ているというのも、”美的”感覚でしょう。毛の長さや鼻の大きさ、頭、顔などです。

犬は飼い主に似ている

二つ目の理論として、飼い主が自分に似た犬を選ぶというよりも、犬が自分の周りの人間の真似をする能力があるという説があります。もちろん、周りの人間なら誰でもいいわけではありません。真似るのは、犬が群の”リーダー”だと認識している人間です。

そっくり 犬 飼い主

環境に順応するというのは、生きていく為でとても大切なことです。犬が、餌を与えてくれる人や寝床を与えてくれる人に似てくるのはそのためです。また、人間と犬とで違う動物種なのに、犬は自分たちを人間と同じように考えます。飼い主を真似し、お手本とするのです。

では、ある家庭で飼われていた犬が、別の家庭に引き取られた場合はどうなるのでしょうか。

実は、記憶の中に古い習慣が少しは残るですが、新しい飼い主に合わせて性格や習慣を変える能力を持っています。

また、あなたが活動的で毎日犬を散歩に連れていくタイプであれば、おそらく元々”だらだら”したタイプの犬種であっても、あなたに合わせて活動的に過ごそうとするでしょう。

人間の態度や個性を真似するのは、犬だけではありません。イルカ、クジラ、サルなどは、人間が周りにいる時、私たちの特性の一部を真似しようとします。一方で、ネコは決して真似をしません。たとえ人間の家族と一緒に暮らしていたとしても、真似をしないなんて、ネコらしいですね。

こちらの記事もおすすめです。
【幸福のカギ】ペットを飼ってハッピーな人間になろう!
My Animals
で読むことができます。 My Animals
【幸福のカギ】ペットを飼ってハッピーな人間になろう!

ペットを飼ったことのある人なら、幸せを感じる時間が増えた経験があることでしょう。見ているだけでも癒されますし、一緒に散歩をしたり遊んだり、ソファでゆっくりするだけでも嫌なことが忘れられますよね。ペットを飼うと 幸せ 幸福 を感じやすいというのは科学的にも証明されています。



  • Elgier, Á. M., Fosacheca, S. E., Mustaca, A. E., & Bentosela, M. (2008). La relación entre los perros domésticos (canis familiaris) y sus dueños; efectos sobre el aprendizaje de una tarea comunicativa. In XV Jornadas de Investigación y Cuarto Encuentro de Investigadores en Psicología del Mercosur.