【危険な食品?】パーム油がアフリカを危険にさらす!

世界の人口に供給するためには、2050年までにパーム油の栽培面積を4倍にする必要があると概算した研究があります。これは多くの霊長類の種にとって、生存を脅かすことになるかもしれません。
【危険な食品?】パーム油がアフリカを危険にさらす!

最後の更新: 03 12月, 2020

パーム油は、環境や私たちの健康に害となる材料を隠す加工食品の例です。パーム油は、インドのジャングルの破壊する原因であり、また、アフリカでも同じようなことが起こっています。

パーム油の危険性

パーム油は世界でもっともよく使われている植物油でしょう。食用油としてだけでなく、コスメや洗剤などにも含まれていることがあります。パーム油はアフリカのギニアアブラヤシから採れますが、プランテーションの85%は東南アジアにあります。

パームの単一栽培は、オランウータンの新種やトラ、ゾウなど多くの動物に影響を与えるのですが、これは憂慮すべき社会的影響です。また、パーム油は人体に害となるかもしれないという事実もあります。

パーム油はアジア地域の野生動物の命を脅かすだけではありません。近年、元々アフリカ原産であるこの植物は、その単一栽培形態を母国とも言えるアフリカ大陸へと移しています。これは、国際的な需要が高まっているからです。

この油を栽培するということは、単一栽培のために数百キロメートルにも及ぶ範囲の森を燃やすということです。つまり、燃やした後はほとんど生命が存在せず、生体価値もほとんどありません。

パーム油 環境 健康 害

パーム油の新たな栽培地、アフリカ

パーム油の利用価値に社会は気がついているようです。ですが、最近のある研究によると、2050年までに栽培地域を4倍にまで増やす必要があるそうです。これは、主にアフリカ大陸で広がるでしょう。また、クラーク大学で行われた研究によると、パームの農場規模を広げると、アフリカの霊長類の生存が厳しくなるかもしれません。

ここ数ヶ月で、商業的な興味がどのように動物たちに影響を与えているかがわかりました。アフリカの古い国立公園が油の探査に使われるなどというニュースは、マウンテンゴリラのような動物種の未来を脅かすことにつながるでしょう。

しかし、この研究によると、アフリカの霊長類の200種類程はパーム農場の広がりに影響を受けるでしょう。非常に興味深いことに、農場に向いていると判明したのは、アフリカ大陸のわずか9%だけだということも研究でわかっています。

アフリカ パーム油 環境 健康 害

パーム油だけなの?

パーム油ではなく別の物を使っている会社もあるということを知っておきましょう。パームヤシによって影響を受けるオランウータンのイメージを消費者に植えつけたくなりからです。ですが、代わりに使われる物もまた、環境に害を与える不健康な物であることが多いのです。例えば、他の植物油もまた、森林伐採につながるのです。

加工食品には、アフリカの野生動物に害となる材料を含みます。ですが、アボカドやいちごのようなフルーツや野菜、肉製品も、何千キロも向こうからやって来たり、自然を脅かしているかもしれないのです。

つまり、問題はパーム油だけでないということです。普段の食生活を環境のために改善したいなら、一番良いのは、地元で取れた新鮮な食品を消費することです。自然に与える影響が最小限となるでしょう。パーム油を消費するのは、体に良くないだけではありません。パーム油を作るために、森が燃やされているということを常に心に留めておきましょう。

 

こちらの記事もおすすめです。
ゴリラを守り、失われた動物保護者6人の尊い命たち
My Animals
で読むことができます。 My Animals
ゴリラを守り、失われた動物保護者6人の尊い命たち

世界には、 ゴリラ や他の 野生動物 を 保護 しようと懸命に働く人々がいます。ですが、残念ながら、この悲劇は、アフリカで最も古くから保護されてきた地域であるヴィルンガ国立公園で起こりました。5人の警備隊と1人の運転手が、マウンテンゴリラを保護している際に待ち伏せによって殺害されたのです。



  • Strona, G., Stringer, S. D., Vieilledent, G., Szantoi, Z., Garcia-Ulloa, J., & Wich, S. A. (2018). Small room for compromise between oil palm cultivation and primate conservation in Africa. Proceedings of the National Academy of Sciences, 201804775.