コロナウイルス危機:安全に犬を楽しませるには?

25 5月, 2020
コロナウイルスの警戒状態のため、思うように散歩にも行けません。しかし、犬を楽しませるために家でもできるゲームはたくさんあります。

新型コロナウイルスにより、世界の多くの人が長期間のロックダウンを経験しています。これは人にとってももちろん、ペットにとっても退屈な期間です。犬のように今まで公園や田舎を長い時間散歩していたペットにとっては特にそうでしょう。しかし、このコロナウイルス危機の間が辛い時間になっている犬ばかりではありません。

あまり散歩に行かない犬にとっては、この状況のために家で飼い主と過ごす時間が増え、むしろ嬉しいと感じるでしょう。

新型コロナウイルスは今や世界保健機関(WHO)によってパンデミックだと考えられています。パンデミックとは世界中の人に影響するウイルス性の病気のことです。

ウイルスの拡散を防ぐ唯一の方法は家にとどまり、他の人との接触を避けることです。このウイルスは外部で一定の時間生きることができるとはいえ、生き残るには媒体が必要です。ですので、互いに接触しないようにしていれば拡散を防ぐことができるのです。

コロナウイルス危機の間犬を散歩させること

自宅待機期間に犬を楽しませる上でのアドバイスをお伝えする前に、犬を通してのコロナウイルスの感染に関する科学的証拠は全くないということを指摘しておきます。しかしながら、これに関しては特定の警戒をしておいて損はないでしょう。

犬を散歩に連れていくときは、住んでいる場所の共用部分を通ることになるでしょう。ですので、手袋をし、できるだけ建物などの表面に触らないようにしましょう。

通りに出たら、リードをつけてゆっくり歩き、犬の周りに空間を作りましょう。においをかぎたがるかもしれませんが、今の状況下では他の犬の尿やフンなどには近づかない方がいいでしょう。さらに、リードをしっかりと、しかし同時に優しく握って、犬がイライラしてリードを引っ張らないように気を付けましょう。

コロナウイルス 犬 遊び

国によっては散歩は一人で行くべきだとしているところもあるということを覚えておきましょう。清潔な袋でフンを回収し、酢と水でできるだけおしっこはうすめることも忘れずに。さらに、どんなことがあっても放し飼いにしてはいけません。今はこういったことに適した状況ではありませんし、何より罰金を科せられる可能性もあるのです。

散歩から帰ったら、手袋を捨てて石鹸と水で手を洗い、犬の足も除去しましょう。これはとても重要なことです。

現在の非常時に犬と家で遊ぶには

普通ならなんの制限もなしに外出して遊ぶことができますが、家でももちろん遊びますよね。落ち着いて犬と飼い主の絆を深めることは、状況に関わらず大切なことです。

嗅覚トレーニング

においを使ったゲームは、犬の精神的なウェルビーイングに欠かせません。これは飼い主と犬の間のつながりを深め、犬の自制心やフラストレーションのコントロール、自己防衛や自尊心の向上などに役立ちます。

最も簡単なゲームは、家の中に迷路を作ることです。椅子やテーブル、箱、クッション、おもちゃなどを障害物として置きます。そして犬の大好きな食べ物を上手に配置して、それを探すように指示します。最初犬は何をすればいいのかよくわからないかもしれません。ですので、ご褒美を探し続けるよう促しつつ、どこにあるか教えてあげるといいでしょう。

一方、すでにこのようなゲームへの訓練を積んでいる場合には、家の中のどこかにおもちゃや食べ物を隠してもいいでしょう。「探せ」と命令を出したら、しばらくの間犬を楽しませておくことができるはずです。

食事の時間も楽しい時間にすることが可能です。一つのボウルにエサを全て入れないようにしてみましょう。例えば箱の中に布切れや古着、新聞紙、雑誌などを入れ、その隙間にエサを隠すのです。これで犬は嗅覚を使ってどこに食べ物があるか探さなければなりません。これを行った後に散歩に連れて行けば、犬が路上でもずっとリラックスしていることに気が付くでしょう。

このタイプのゲームは犬を最も疲れさせます。走ったりボール遊びをしたり、他の犬と関わりあったりするよりも体力を使うのです。さらに、この疲れは精神的なものであって身体的な疲れではないので、犬のストレスレベルを下げることにも役立ちます。これは犬の気分を良くすることにもつながります。

コンタクトゲーム

コロナウイルス 犬 遊び

外で散歩にあまりいけないかもしれないので、その代わりとなるのがコンタクトゲームです。イヌと一緒に床に寝転がり、じゃれあいましょう。他の犬とするようにあなたのことを舐めさせたり、甘噛みさせてあげましょう。しかし、遊んでいる間に犬が力をコントロールできていないと感じたら、他のゲームに切り替えましょう。

ロープ上のおもちゃを噛ませたり、それを引っ張って遊んでもいいですね。こういった遊びは犬は大好きですからね!

落ち着きと静寂に慣れること

普段ベッドやソファに犬が乗るのを許しているなら、そこでしばらく一緒に横になりましょう。犬を撫でてあげて一緒にいることをシンプルに楽しみましょう。これは床の上で行ってももちろん構いません。

大切なのは、愛すべき親友と充実した時間を過ごし、絆をさらに深めるということです。これはこのコロナウイルス危機と不確かな状況の中では特に重要になります。どうか安全に、ご自分と愛する人々のケアをしてくださいね。

  • Tan, J., & Tan, A. D. J. In early January 2020, the World Health Organisation identified a new strain of virus sweeping across China, known as 2019 novel coronavirus (COVID-19). Here, I explain what you need to know about coronavirus.