【本能?外的要因?】どうして犬は攻撃しちゃうの?

06 8月, 2020
犬が攻撃する理由として、社会性の欠如や健康的な問題が隠れていることもあります。

動物は様々な理由から自分の身を守ろうとします。今日は、どうして犬が攻撃するのか、その主な理由を見ていきましょう。

犬が攻撃する理由

公共の場所に行く時には口輪をはめないと危険な犬、子どものいる家庭に引き取られるべきではない危険な犬、といった考えを持つ人々は一定数います。ですが、その犬種の遺伝性に加え、いくつかの要素も犬の攻撃性に繋がると考えられています。例えば、その犬の抱えるトラウマや訓練不足などです。

見知らぬ人が相手なのか他の動物なのか、もしくは飼い主が相手であっても、犬が攻撃的になる理由はあります。攻撃的になるのは、ピットブルやブルドッグ、ロットワイラーだけではありません。小型犬も噛み付くのです。

それでは、犬が攻撃的になる主な原因を見ていきましょう。

1. 健康的な問題

痛みを感じたり病気になると、動物は攻撃的になる傾向にあります。わざとそうしているわけではないのですが、それが自分を守る方法なのです。また、健康でない時は自分の症状だけを気にかけるため、人が近づいてくるのは自分を助ける為だということが理解できないかもしれません。

2. 社会性の欠如

犬の社会性を育てることは、感情の発達を促す上でとても大切です。他の動物と全く関わりのないペットは、聞き分けが悪く、噛み付いたり攻撃的になりやすい傾向にあるでしょう。

3. 縄張り

縄張り意識の強い犬は、部外者だと感じる人や動物が自分の縄張りを通ろうとした時、攻撃的になる傾向にあります。

唸る犬

こちらも合わせてどうぞ:気付いてほしい!実は犬が嫌がっている7つのこと

4. 食べ物

犬が攻撃する主な原因は食べ物です。食べ物は動物にとってとても大切なものです。犬は狼からこの反応を受け継いでいるので、食べている時に近づくと、唸ったり吠えたり、時には噛み付こうとするかもしれません。自分のエサが”奪われて”しまうかもしれないと考えるからです。

5. 母性本能

妊娠中や産後に攻撃的になるメスもいるでしょう。母性本能からくる行動で、子犬を守ろうとするからです。これは、犬に限らず大部分の動物、主に哺乳類に見られます。

6. トラウマ

例えば、野良犬は近づこうとする人に攻撃しようとします。それはその犬が暴力的だとか悪いということではなく、危険から身を守るために身につけた方法だということを知っておきましょう。野良犬は、身を隠す場所や食べ物を求めて戦わなくてはいけなかったのです。

野良犬は暴力の被害者であることが多く、人間を信用しません。トラウマ的な状況によって、そう行動せざるを得なかったのです。

7. 恐怖症

雷や大雨、花火の音、車での移動、獣医での診察を始め、犬がストレスを感じる場面はたくさんあります。

攻撃的な犬

こちらも合わせてどうぞ:捨て犬の里親になる前に考えてほしいことがあります

犬が攻撃しないよう予防・トレーニングをする方法

犬が攻撃する理由を理解するより先に、このような状況を予防することが大切です。また、動物が自分を守らなければいけないと感じさせるような習慣を予防することが大切です。以下にいくつか推奨事項をあげましょう。

  1. エサを食べている時は近づかない。
  2. おもちゃが周りにある時に脅かさない。
  3. 子犬といる時に突然動かない。
  4. 歯を見せている時に触ろうとしない。
  5. 犬が怯えている時はじっとする。
  6. 自分の飼い犬以外の犬については、近づいたり触ってもいいかを必ず飼い主に確認する。
  7. よく知らない犬、特に野良犬に対して近づく時は十分に注意する。
  8. 犬が攻撃態勢に入っても、走って逃げない。

犬が攻撃する前に出すサインに注意を払いましょう。また、自分の飼い犬の場合は、飼い主であるあなたに敬意を払うことを教え、社会性を身につけさせましょう。飼い主であるあなたがリーダーであり、犬はあなたの指示に従うべきであるということを忘れないでくださいね。

Perez-Guisado, J., Muñoz-Serrano, A., & Lopez-Rodiguez, R. (2006). Perros peligrosos, la agresividad por dominancia: factores asociados dependientes del dueño. Revista Electrónica de Cínica Veterinaria RECVET.