ペットの認知機能障害:兆候、症状、お世話の方法

12 11月, 2019
ペットの認知機能障害への対処は簡単なことではありません。認知機能障害を発症すると、ペットは気分の変動、意識障害、そしてエネルギー不足などの症状が現れます。完治する治療法はありませんが、対処法があります。

最近の研究によると、ペットも健忘症などの認知機能障害を発症することが明らかになっています。

犬は瞬間を生きているため記憶がないと言われていますが、実際には人間とは異なるものの、犬は記憶を持っており、認知機能障害を発症するとその影響を受けます。

ペットがある特定の年齢になると、4匹中2匹が認知機能障害としても知られるアルツハイマー病を発症する可能性があります。

今回はペットの中でも、認知機能障害の症状や対処法を見ていきましょう。

兆候と症状

認知機能障害症候群は、8歳以上の犬で起こり、主な兆候は習慣的な行動の変化と見当識障害の発症です。

人間の老化と同様に犬の脳も老化します。時間が経つにつれて、認知機能や学習能力の衰弱、そして視力、嗅覚、聴力の低下がみられます。

犬は、10歳を過ぎると高齢と見なされるため、10歳を過ぎた犬の行動パターンが変わるのは普通であり、以前と同じようにはならないでしょう。

私たちが気づく犬の変化の中には、これまでよりも長く眠っている、他の動物や子供に対するエネルギーと忍耐力が低下するなどがあります。

犬が老化しても攻撃的にはなりませんが、うるさい場所や自分たちが邪魔に感じるものを避けて、静かな場所で一人で過ごすことを好むようにもなります。

また、飼い主が気づく変化の一つに、以前ほど飼い主に対して関心を示さなくなるということがあります。例えば、飼い主が外出先から帰宅しても、以前ほど大喜びで迎えなくなる犬もいます。

ペット 認知機能障害

これまでと異なるや奇妙な行動

認知機能障害を発症している犬は、不規則な行動やこれまでと違う行動をすることがああります。

例えば、庭の真ん中に立って、ある一点だけを見つめていたり、お気に入りのおもちゃを渡されても喜ばないのなどの変化です。

健忘症なども奇妙な行動を通してその兆候が現れます。

これはいつも喜んで出かけていた場所に行っても喜ばなかったり、近所のよく知っている場所で混乱するなどがその兆候です。

飼い主の命令に応答しなくなるなども、顕著な老化の兆候です。

動きがゆっくりになるだけでなく、階段の上り下りをするのも困難になり、長距離を歩くことができなくなります。

視力や聴力は低下するので、自宅や家族を認識できなくなることもあります。

こちらもご覧ください:犬の老化を示す5つの兆候

飼い主の反応

犬の行動パターンの変化や加齢の兆候は、飼い主にとって苦痛になるかもしれません。

以前のような活発な姿ではないだけでなく、飼い主からの愛情にも反応せず、遊ぼうとしないかもしれません。

しかし、飼い主が犬の健康状態に注意を払って正しい方法で対処すれば、犬は快適な生活を送ることができます。

まずは獣医の診察を受けてください。

認知機能障害には治療法はありませんが、必要ならば獣医師が症状の悪化を防ぐ薬を処方したり、何らかの対処法を指示します。

こちらもご参考に:高齢者が犬を飼うメリットとは?

ペット の 認知機能障害 :兆候、症状、お世話の方法 ペットと高齢者の女性

認知機能障害のあるペットの世話をする方法

大切なペットが認知機能障害になった場合、愛情と忍耐を持ってお世話をすることが大切です。

ペットに残された時間を尊重し、彼らが快適な生活を送ることができるよう、必要に応じて対応してください。

例えば、長時間寝るようになった犬には、お気に入りの場所で快適に過ごせるようにしてください。

高齢の犬が一人の静かな時間を好むからといって、1日放置していいわけではありません。

飼い主との交流は高齢になったペットにも必要ですし、歩くのがゆっくりになっても短い時間でも一緒に散歩に出ることが大切です。

高齢のペットにとって、旅行や引っ越しなどの急激な環境の変化に対応するのは簡単なことではありません。

これらの環境の変化は、ペットの記憶に影響を与え、健忘症や認知機能障害をはじめとする変性症状を加速させます。

ペットとどこかに出かける場合や、どうしても引っ越しをしなくてはいけない場合は、ペットが混乱したり迷子にならないように注意してください。

愛情のこもったお世話、ペットが喜ぶゲームや遊び、ペットの負担にならない短い散歩などが、ペットの老化を遅らせるのに役立ちます。

ペットの認知機能障害の最初の兆候が現れたら、まずは獣医師の診察を受けることが不可欠です。

ペットの生活の質を高めて快適な生活を提供するためにも、早期の診断が不可欠です。