【ネコの気持ちを理解しよう】一緒にネコちゃんと遊ぶために

11 10月, 2020
ネコちゃんと遊ぶときには、ネコちゃんは狩猟本能に沿った遊びをするのが大好きだということを覚えておくといいですよ!

ネコちゃんを最近買い始めたという方は、一緒に時間を過ごせるベストな方法をお探しかもしれません。好きなことや喜ぶことを知っていれば、ネコちゃんと遊ぶのはきっと今までで一番楽しい経験になるでしょう。

ネコちゃんと遊ぶこと

実は、ネコちゃんは自分の身の回りにあるあらゆるものを使って自分で自分を楽しませることができます。ボールやふわふわしたもの、ソファから出た糸などでも遊べるのです。猫はとても自立した動物なので爪とぎを与えるくらいでいいのですが、ご自宅でネコちゃんと一緒に遊びたいとお考えなら、以下のアドバイスを参考にしてみてください。

1.お気に入りのおもちゃを見つけよう

ネコちゃんが持っているおもちゃの中には、おそらくお気に入りがあるでしょう。新品のおもちゃも、他のものよりネコちゃんの気を引くこともあります。最も人気のあるものには、何か動くものが端についている棒や紐などのついたものがあります。

また、ネコちゃんに段ボールの箱をあげるのもおすすめです。猫はロシアンブルーだろうがシャムネコだろうが、段ボールの箱が大好きなのです。ところどころに穴をあけて、箱から抜け出そうとしたら閉じ込めたりしてみましょう。

2.1日30分一緒に遊ぼう

仕事から疲れて帰ってくると、ネコちゃんと遊ぶ気力がないかもしれません。しかし、1日最低でも30分はネコちゃんと充実した時間を過ごす努力をしましょう。長い間独りぼっちでいると、あなたからの注目がほんとうに嬉しいものなのです。

ネコちゃん 遊ぶ

3.本能を刺激して

猫はネコ科の動物で、獲物を追いかけ狩る動物だということを忘れてはいけません。ですので、攻撃的にさせることなく彼らの「野生の」本能を養うようなゲームをすることが重要です。

「獲物」をかがんで観察し、とびかかって手で掴めるようなおもちゃやゲームを行いましょう。例えば、ぬいぐるみやプラスチックのネズミ、お金をたくさん使いたくなければ糸くずでもいいでしょう。何時間もこうやって遊ぶことができますよ。

4.ネコちゃんの注意を引こう

子猫や退屈しきっているネコでない限り、飼い主のところに行って遊びを誘うネコちゃんばかりではありません。ですので、飼い主自身が猫ちゃんの気を引いてあげなければなりません。その方法は、近くでおもちゃを揺らしたり、目の前に何かきらきらしたものサッと通らせたり、何か獲物を見つけたふりをしたりするといいでしょう。

5.優しく遊ぼう

猫は干渉されすぎるのが嫌いで、あなたからのわずかな刺激にも反応してしまうかもしれません。ネコにとって縄張りは神聖なものなので、問題なく一緒に遊びたいならば怖がらせてしまったり急な動きをしたりしないようにしましょう。

ネコちゃん 遊び

6.ネコちゃんが起こっているときは遊びを中断しよう

ネコちゃんのしっぽに注目すると、イライラしていたり遊びに飽きてきているのがわかります。例えば、しっぽが鞭のように左右に揺れている場合、イライラしている可能性があります。

猫が不満を表現する方法としては、あなたの手や腕に四つ足でしがみついて、噛みついたりひっかいたりしようとすることもあります。遊んでいるときに少し攻撃的になる子もいます。爪を出していると、意図していなくても自分を傷つけてしまうこともあります。

猫はいつ遊びたくていつ自分で何か他のことをしたいかをあなたに「教えて」くれます。ネコちゃんの注意があなたから逸れたら、もう一度注意を引くのは難しいかもしれません。その場合は、そこでやめて最低でも数時間は休憩にするのがいいでしょう。

大切なのは、あなたが家にいないときでもネコちゃんが楽しめるようにすることです。家の中におもちゃやゲームを置いておき、退屈したら遊べるようにしておきましょう。こうすることで家具を壊されることもなくなりますよ!