うなぎのライフサイクル:あなたは知ってましたか?

20 7月, 2019
うなぎは塩水で生まれ育ちますが、成長すると淡水で暮らします。本記事ではそんなうなぎについて詳しくご紹介します。
 

日本料理だけでなく、アジア料理にも使われる人気の食材であるうなぎですが、野生のうなぎの生態やライフサイクルをご存知ですか?

こちらもご覧ください:この世に存在する不思議な生き物

うなぎの成長過程

海外でうなぎとして使われているのは、5~6cmの成長の初期段階のものですが、成長したうなぎと同様に、細長く滑らかな体が特徴で、色は透明です。

うなぎは成長の過程で、自分が成長する環境の影響を受けながら色を変えていきます。

例えば、黄色いウナギの若いときは透明で、成長するにつれて背中が茶色へと変化し、最終的な「大人」の段階では緑色、そして最も成熟した段階になると銀色になります。

ご存知ですか?:世界7不思議:自然版

うなぎのライフサイクル

海外でeelと呼ばれるものは、うなぎやウツボなどのような硬骨魚類や条鰭類を含むウナギ科ウナギ属に属する魚類の総称です。

 

ウナギ目 うなぎ ライフサイクル

一般的なヨーロッパのウナギは、すべての川ウナギと同じように、広塩性の魚の一種です。

うなぎのライフスタイルは、その一部を海水で、そしてまた別の一部は淡水で過ごします。

海水で成長した後、ほとんどのうなぎが川に移動します。

 

この移動の際にうなぎの成長にとって大切な変態が起こり、私たちがよく知るうなぎになります。

うなぎの繁殖と性の決定

うなぎが持つ最も興味深い事実の一つは、うなぎはライフサイクルの最初の段階ではすべてがメスだということです。

水の中のうなぎ うなぎ ライフサイクル

うなぎが性的成熟時期に達すると、繁殖を行うためにいくつかのうなぎが姓を変えます。

専門家は、海水の塩分濃度などがうなぎの性別を決定する上で基礎的な役割を果たすと考えています。これは、雌だけが産卵のために川に移動するからです。

変態を経験してた約1年後、春が到来すると、うなぎは淡水に移動して繁殖します

淡水への移動は、性的成熟の始まりとうなぎのライフサイクルの終わりを示します。

淡水への移動が起こると、雄と雌のうなぎの両方を観察することができますが、ほとんどのオスはライフサイクルの全過程で、より多くの時間を海水で過ごします

専門家たちは、いまだにうなぎの繁殖状況を示すビデオなどを入手していないと言われており、これが、うなぎが謎の生き物だと考えられ続ける理由の一つです。

最後に、うなぎは雑食性であり、主に虫、昆虫、軟体動物、甲殻類、そして小さな魚などをエサとしています。