相棒を失った悲しみから犬を救う方法

研究では、7割の犬が相棒の犬を失った悲しみによってうつになるといわれています。
相棒を失った悲しみから犬を救う方法

最後の更新: 28 10月, 2018

家庭でペットを失った時、苦しんでいるのは飼い主だけではありません。もしほかにも飼っている犬がいるのであれば、相棒を失った 悲しみ で犬がうつになるのは一般的なことなのです。

ワンちゃんがほかの犬を失ったことに苦しんでいるサイン

私たちの友人がペットが死んだりいなくなったりしたことによるすこぐ落ち込んでいる時は、私たちは通常その悲しみのサインに気づきます。急な食欲の喪失や、通常より感情的になったり。また、無口になったり、反社交的になったり様々な異変がみられるでしょう。

気だるさや通常より長い睡眠もサインの一つです。このようなことは人にも当てはまりますが、犬も同じです。こういった行動に気づいたら、動物病院に行くようにしましょう。

うつは人にだけ起こる病気ではありません。私たちのワンちゃんもうつに苦しむのです。

悲しみ :カニーナ心理学

悲しみ 2

多くのクリニックに、犬をうつから助けてくれるプロフェッショナルが在中しています。彼らは動物精神病のスペシャリストなので、悩んだらすぐに助けを求めてください。

大きな喪失の後にワンちゃんが前に進んでいくのを助ける方法

私たちの役目はワンちゃんが好きなアクティビティをするように励ましてやることです。なにか特別なさせてあげて、幸せにしてあげましょう。例えば、飼い主と一緒にソファでくつろがせてあげたりするのも良いアイデアです。

また、日課はとても重要です。ワンちゃんをお気に入りの日課のアクティビティに連れていきましょう。散歩は、ワンちゃんを幸せにしてくれるのでオススメですし、犬は遊ぶことも好みます。なにか噛むおもちゃやお気に入りのボールを与えてあげましょう。そして、一緒にワンちゃんと遊んであげましょうね。

車で遠出するのも良いでしょう。ご褒美が好きな犬がいる一方で、車に乗ることを好む犬をいます。犬を車に乗せてあげることで、悲しみを少しずつ取り除いてあげることができるでしょう。

愛情をそそいてあげましょう。撫でてあげたり、優しい言葉をかけてあげることはこの悲しみを乗り越えるためにはとても重要です。ワンちゃんは私たちが醸し出す感情をそのまま吸収します。飼い主にとってもワンちゃんにとっても辛いこういった状況では、悲しみではなく今まで通りの幸せな姿を保つ方が効果的でしょう。子供達やその他の家族の一員もそのような姿を保ってあげるべきです。

飼い主をリーダーと考えるワンちゃんが、私たちがとても悲しんでいるのをみると、ワンちゃんにとってそれは、さらに悲しむべき理由となってしまいます。どんなに辛くても、ペットに人生は続いていくんだということを分からせる必要があります。彼の日課の散歩や遊びも再開でき、お互いにサポートしあうべきです。

ワンちゃんの相棒を失う痛み

悲しみ

愛する人を失った時やその他の悲しみの間に人々が直面する段階の中には、分かりやすい段階のものがあります。それは否定、怒り、自問、そして最後が受容です。

ワンちゃんとその他のペットが経験する痛みは他の形態をしています。感情の困惑は日常における変化と安全性の喪失によります。これは犬の集団の構造(ワンちゃんにとっての社会的構造)における変化と関係しており、これがうつを引き起こします。

もし死んでしまった犬がリーダーであったら、取り残されたワンちゃんは危険を感じます。彼らにとっての集団のリーダーがいなくなってしまったからです。これは、その他の単体の犬に遭遇した時にあからさまになります。ワンちゃんひっきりなしに吠えることもあるでしょう。ワンちゃんは身の危険を感じて吠えているのです。

こちらの記事もおすすめです。
ワンちゃんにも感情はあるのでしょうか?
My Animalsで読むことができます。 My Animals
ワンちゃんにも感情はあるのでしょうか?

犬を飼っている人、もしくは飼ったことがある人なら、犬に 感情 があることはお分かりでしょう。彼らは愛情というものをとても純粋に、そして無償のものとして感じます。その一方で、中には動物に感情があるなんておとぎ話だと考える人や、そういった感情も失っていると考える人たちもいます。