愛猫が飼い主に似ている理由

07 9月, 2018
 

猫は自分の飼い主とよく似ていることは実証されています。彼らは同じ顔をしてるようにも見える時もありますし、ペットと飼い主との類似点をたくさん見つけることができます。あなたの飼ってる猫もあなたに似てると思いますか?

猫のベストチョイス

猫を選ぶとき、私たちは自分の性格に合った猫を探す傾向があります。性格以外にも、好みやニーズに合った猫を求めます。その結果、私たちに合った犬やその他の動物をペットとして飼うことになります。

ダイナミックで運動能力のある人は、ドーベルマンのような強くて元気な犬を選ぶ可能性が高いです。

場合によってはこれと反対のケースもあります。最も似ているペットを選ぶ人もいれば、自分の性格やイメージと全く反対のペットを探す人もいます。これは心理学的に同じ(ナルシシズム)、あるいはその反対のものに引き寄せられるために起こることです。

飼い主に似ている猫

老人と猫

ペットは私たちの性格を映し出したものなので飼い主とよく似ていると言われています。私たちは、自分の好みや習慣、興味に合っているペットを選ぶ傾向があるのです。

犬と猫

猫が好きな人と犬が好きな人がいますが、猫の自立した行動を好む人は少なくありません。その一方で、群れを作る本能を持つ犬を好む人もいます。

また、鳥類、イグアナ、トカゲ、タンランチュラを好きな人さえいます。どんな動物を好むかは、私たちの性格に関係しています。

あなたは猫派ですか?

ある研究では愛猫家を自称する人は、知能検査においてより高い得点を取ったことが示されています。そして彼らはより内向的で、非協調的な人が多いようです。

あなたのように賢い存在を好むなら、猫が適しているでしょう。社交的で普通とは違う考え方を持っていて、自立的なのを好む場合も猫は最適なペットと言えます。

政治的思考との関係はありますか?

猫を飼うことを選択した人は、自由主義の傾向があるようです。これは実際に行われた調査でも、リベラルな人々は猫をペットとして好むと発表されています。

また、「支配欲」に関連した性格テストが行われました。その結果、猫好きの人の支配欲は低かったことが判明しました。そして、猫好きな人は1人でアパートに住んでいる傾向があることもわかりました。

愛猫に関する統計

メキシコの国立統計地理院によると、猫と一緒に暮らす人の多くが、独身でアパートに住んでいます。そして都市で暮らしている人が多いという統計が出されました。対照的に、犬を飼っているのは大きな場所で、郊外に住んでいる人が多いです。犬を飼ってる大部分の家には子供がいるということも判明しました。

より冒険的で、偏見を持たず、創造的

 

猫はその性質上、孤独なハンターであり、夜間はよりアクティブになる傾向があることを覚えておいてください。

は日中はあまり出てきません。夜になると活動し始めます。けれどもときには他の人と社交的にかかわったり、遊んだりします。しかし、これも限られた興味の範囲で行うだけです。

猫の飼い主はかなり自信を持っている人が多いです。自信を持った人々は非常に親切で、控えめで、まっすぐな人が多いと認識されています。

異なる人格

顔をマッサージしてもらう猫

犬の性格はその生活や、タスクの種類によって大きく影響される傾向があります。これは、人間にも同じことが言えます。

牧羊犬や使役犬を飼っている人は、より外交的、社交的で話し好きな人が多いと専門家は主張しています。グレイハウンドやビーグルのようなカントリードックを飼っている人は、フレンドリーで寛大です。

テリアの飼い主は、他人を気遣い、特定の仕事をするのが好きです。彼らは共感的で、他人の気持ちをよく理解しようとします。

今回ご紹介した話は、ごく普通の傾向と言っていいでしょう。動物と一緒に暮らすことを考えているならば、少しあなたに似ているペットを探すことはお互いにとって良い考えなのかもしれません。あなたのライフスタイルに合ったペットと快適な時間を共にできるはずです。