新しいペットを飼うまでどのくらい待つべき?

ペットが死んでしまってから新しいペットを家族として迎え入れるまでに、どのくらい待つべきなのでしょうか?
新しいペットを飼うまでどのくらい待つべき?

最後の更新: 22 11月, 2018

猫や犬が死んでしまった後、すぐに次のペットを飼うべきだと考える人もいます。ペットが死んでしまった悲しみを乗り越える助けになるという意見もありますが、新しいペットを飼い始める前に、亡くなったペットをしっかりと悼むべきだと考える人もいます。では、ペットが死んでしまってから新しいペットを家族として迎え入れるまでに、どのくらい待つべきなのでしょうか?

ペットを失った後、どの程度待つべき?

これは飼い主の中ではとてもよくある疑問です。あなたの人生のとても大切な一部をそんなに簡単に取り替えることはできず、多くの悲しみに苦しまされるので、多くの人は時間をおくでしょう。

ペットを失った後の悲しみのプロセスは人によって違いますし、関わる要因も異なります。そして、まずはペットを他のペットで補うということは不可能ということを知っておく必要があります。私たちのに残るペット一匹一匹が、ユニークで比べることのできない存在なのです。

私たちの心に残るペット一匹一匹が、ユニークで比べることができないペットです。

例えば、小さな子供がいる家庭では、子供が亡くなってしまったペットのことを忘れるように、新しいペットを飼う親もいます。子供の精神面にとっていいことだと思うかもしれませんが、実はこれはさらなるトラウマを引き起こしてしまう可能性もあります。新しい犬や猫は亡くなったペットとの思い出を思い起こさせ、子供を笑顔にさせるよりも、泣かせてしまうという結果になりかねません。最初のころは特に注意が必要です。

こういった理由から、新しいペットを飼う前に、まずはそのペットの喪失をしっかりと受け止める方が好ましいです。ペットが死んでしまったときの悲しみは、あなたが愛する人が亡くなってしまった時と同じくらい悲しいものです。

しっかりと悲しみを表し、泣きたいなら泣いて、自分自身の方法で悲しみを乗り越えることが重要です。あなたとペットとの思い出をあなたの心や記憶から取り除くことなんて誰もできません。ペットは家族の一員なのですから。

ペットの代わりなんていない

亡くなったペットのことで悲しんでいる間は、新しいペットを家に迎え入れるという判断はいい判断ではないでしょう。メリット・デメリットについて考えてみましょう。結果として、新しいペットは、そのペットの残りの人生であなたの家族の一員となります。

 

どのくらい待つべき

死んだペットと似たようなペットを飼い始めることは珍しいことではありません。そのような飼い主は、死んだペットが戻ってくることを願っていたり、このペットの喪失から解放されたいからです。しかし、この新しいペットは外側だけが似ているわけにすぎないので、私たちをさらに落ち込ませるだけです。

動物はを決して取り替えることのできない存在です。同じような動作や性格、癖などを期待しないようにしましょう。人がそれぞれ違うように、動物もそれぞれユニークで取りかえることや比べることができない生き物なのです。

苦しみや悲しみをしっかり乗り越えてから、新しいペット飼うというステップに進みましょう。捨てられた犬を引き取ることのできる団体があります。そういった団体は、犬を家に連れてかえりたいと思ってやってきたあなたを快く迎え入れてくれるでしょう。

ペットが死んでしまった後、ペットはもう飼わないと決めた人でも、こういった団体を寄付することで助けることもできます。数週間の間、犬や猫の体調がよくなるまで、家でお世話をしてあげるということも選択肢の一つです。

専門家は、動物へのボランティアがペット喪失を乗り越えるためのセラピーになると述べています。再び動物と触れ合うということは良いことです。天国からあなたのことを見守っているあなたのペットは、愛情を必要としている動物にチャンスを与えているあなたを見て、きっと幸せに思っているでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
猫の年齢:人間で言うと何歳?
My Animals
で読むことができます。 My Animals
猫の年齢:人間で言うと何歳?

犬の1歳は、人間の7歳程度と言われています。この方式でいえば、犬のおおよその寿命を予測することができますが、猫はどうでしょうか?猫の年齢を人間の年齢に換算する方法は、あまり一般的に知られていませんが、その方法は犬と同様だとされてきました。 猫の年齢 :人間で言うと何歳?