どうして犬たちは私を嫌うの?

諦めないでください! ペットに好かれてないと感じたら、そこには何か必ず理由があるはずです!
どうして犬たちは私を嫌うの?

最後の更新: 14 10月, 2018

犬を散歩している人を見かけると、その可愛い犬を撫でたい、抱っこしたいと思って近付いてみることもあると思います。でも犬には一切関心を持たれず最悪の場合、唸られたり吠えられたりすることもあるでしょう。しかもこれが初めてじゃなくて、全ての犬からこういう扱いを受けるとショックですよね。

そういう体験をしたことがある人は「何で犬たちは私を嫌うの?」と悩んでいるでしょう。ですので、今回は、その要因をいくつか紹介していきたいと思います。

犬に嫌われるのは私がいけないの?

日頃の行いやオーラ、心の「キレイさ」が原因だという人もいますが、そういったものが影響を与えると科学的に証明されたことはありません。犬の人間の好き嫌いにはもっとハッキリとした理由があるのです。素行を良くしても、その理由を無くすもしくは変えてしまわなければ、犬たちに好かれることはありませんよ。

幸せそうな犬

ですので、なぜ動物に嫌われてしまうのかと悩んでいる人たちは、これから紹介することに注意すれば、また犬たちと触れ合えるようになるかもしれないので参考にしてみてください。

1.犬が嫌うことをしている・嫌う物を身に着けている

あなたの服・メガネ・ひげ・音の鳴る宝石・杖・車椅子などが原因かもしれません。また声が大きい人も嫌われやすいです。他にも帽子やハイヒールなど、犬はとにかく何か気に入らないものをあなたに感じているのです。また、大きさや動きの速さを理由に人間の子供を無理やり引き離しても同じような反応を示します。しかし、そんな犬たちでも、生涯通して色んな人間たちと触れ合っていれば、こういった問題が起こることはあまりありません。

2.嫌な過去を思い出させてしまっている

あなたが嫌われている理由は、あなたを悪い人間だと思っているからではなく、辛い過去を思い出させてしまっているからかもしれません。背の高い男性や体の大きい女性、手に棒を持った人など、特徴的な人間を拒絶します。犬たちは過去(特に辛い記憶)を忘れることがないため、若い頃に受けた虐待などの経験と結び付けてしまうのです。

3.動きを怖がっている

犬たちは「何となく」で人を嫌いにはなりません。そして彼らは常に自分を守ろうと、危険を避けようと行動します。大声を上げながら、大きな動きをしながら、怖い表情をしながら近付けば犬たちは、何か悪いことをしてしまったのか、罰を与えられるんじゃないかと思ってしまうのです。オープンに、またカジュアルに接してあげることで、犬たちも不安を感じることが少なくなります。

反対に動物と触れ合うことを怖がっていても、犬たちはその恐怖を感じ取ることができるため、打ち解けあうことは難しくなります。

そっち行きたい犬

4.自分のテリトリーを守ろうとしている

納得のいく答えが見つからないようであれば、「なぜ嫌われるか」を「何をしてしまっているか」に変えて考えてみましょう。犬は愛するもののためであればどこまでも保護的になれる動物です。飼い主に危害を加えるのではないかとあなたを疑っている結果としての行動・反応なのかもしれません。

また、嫉妬心が原因で人間を悪く扱うこともあります。パートナーや赤ちゃんなど、自分より飼い主の注意を引くような存在が家に来てしまったら、その相手を嫌いわざと悪い態度をとったりするのです。