ドワーフラビットの特徴とお世話の方法をご紹介!

07 12月, 2019
その可愛らしいサイズと行動から、ドワーフラビットはどんなご家庭にもぴったりのペットです!

人気のドワーフラビットですが、つい最近まで知っている人は多くありませんでした。ドワーフラビットを飼うことを検討している、あるいはこの可愛いウサギが気になる方はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

ドワーフラビットについて

身体的特徴

ドワーフラビットは体が小さいため、ドワーフ(小型の)という単語が名前に使われています。体長約50cm、体重約1.5kgというサイズから、飼うのに広い場所を必要としないためペットには最適です。

その小ささから成長ホルモンが欠けているかのように思えるかもしれませんが、健康状態に影響を与える欠陥は何もありません。

他のウサギとは異なり、ドワーフラビットの耳は短く、鼻は潰れています。そして、頭も体も通常のウサギよりもコンパクトです。最も一般的な毛色はブラック、ホワイト、グレーとブラウンです。

ドワーフラビット の特徴

合わせて読みたい『小さくてかわいい!ドワーフウサギにあげる餌は何?

性格

とても機敏で遊ぶことが大好きなドワーフラビットですが、独立心が垣間見えることもあります。性格やしつけに関しては犬にも似ているという報告もあります。

ドワーフラビットは緊張しやすいため、繁殖の予定がない場合は不妊手術を行うことが推奨されています。不妊手術を行うことで落ち着き、ペットとして更に飼いやすくなるでしょう。

不妊手術を行うと縄張り意識が低くなるため、あらゆる場所でウンチやオシッコをする、いわゆるマーキングを行うようになります。

大きな音は苦手で、静かで隠れる場所のある家での生活に向いています。また、高い場所も苦手なため、腕に抱えると怖さから噛みつくこともあるので注意が必要です。

ドワーフラビット の性格

関連記事『はじめて自宅でウサギを飼うためのアドバイスとは?

ドワーフラビットのお世話

そのユニークな性格やサイズ、そして怖いもの(大きな音や高い場所)から、お世話をする際は次のような点に注意してください。

  • ブラッシングする。短毛でありながらも絹のように細いため、毛玉になりやすいためです。
  • 適切な場所を探す。ただ清潔な環境なだけではリラックスできません。
  • 目のケアを怠らない。短い被毛ですが、毛が目に入ったり、目の周囲に目やにがついたりすることがあります。顔のこの部分に毎日気を使ってあげることで、視力を良い状態に保つことができます。
  • 運動させる。ウサギは神経質な動物なため、運動を通して気持ちをリラックスさせ、心も体も健康に保ちましょう。
  • 干し草。ウサギにとっては栄養価が非常に高いため、干し草をケージに入れてあげましょう。
  • 食事。人間と同じ野菜や食べ物を食べることができますが、ドワーフラビット専用の餌を与えることも重要です。
  • お風呂。ウサギは猫のように自分をきれいにするためお風呂に入れる必要はありません。しかし、汚れが目立つ場合は濡れた布で汚れを拭き取ってください。
  • 。なるべく頻繁に確認しましょう。通常のウサギの耳より短いですが、耳が垂れているため感染しやすのです。
  • 予防接種。決められたタイミングで予防接種を受けさせましょう。

ドワーフラビットは特別なケアを必要とせず、清潔で静かなためペットに最適です。ドワーフラビットを飼う場合は、是非この記事の内容をヒントにしてください。