犬は本当に泣く?それともただ涙を流すだけ?

犬が泣いているのをよく目にする人も多いでしょう。
犬は本当に泣く?それともただ涙を流すだけ?

最後の更新: 08 11月, 2018

泣くということは涙を流すということです。この泣くという反応は感情的要因にも関係しているのも事実です。しかし、目にゴミが入ると涙を流しそうになることもあるでしょう。また、人は痛みや悲しみを感じた時も泣きます。では動物の場合はどうでしょうか?犬も感情を示すためになくのでしょうか?

感情を示すために犬は泣く?

動物にも感情があるということは誰もが疑わないことだと思いす。動物はとても繊細で、痛み、悲しみ、喜び、幸福そして不安の感情も感じます。それだけとても感情的な生き物なのです。しかし、犬の涙も感情が要因なのでしょうか?

この分野の専門家によると、犬は泣きますが、感情が原因ではないようです。どうやら、感情的な涙は人間だけの特徴で、この特性は今のところ他の生き物には発見させていません。よって、犬は感情を示すために泣いてはいないということになります。しかし、犬はなにも感じないというわではありません。犬はその他の行動を通して感情や気持ちを示すのです。

犬はその他の行動を通して、感情は気持ちを示します。

人間は痛み、悲しみ、喜び、そしてその他の感情を表す際に、泣くという反応をします。この涙にはしっかりとした役割があります。目の潤滑油になったり、守ったりしてくれるのです。これがすべての動物が泣き、最低でも涙を流す理由です。

犬が泣いているのをよく目にする人も多いでしょう。これは外部からの要因によるもので、気候と微生物が一番大きな要因として挙げられます。また、多くの犬が目の病気にも苦しむので、その主な症状として泣くこともあります。

犬はどうやって感情を示す?

感情的になっても泣かないのなら、犬はどうやって感情を示すのでしょうか?人間と違い、犬には彼ら独特の表現方法があります。

犬が自分の気分を伝える主な行動

  • 遠吠えする:一般的に、これは悲しみや強い痛みを示す表現で、さみしいと感じている時にも遠吠えします。一方で、多くの犬が幸せな時にも遠吠えします。この遠吠えという行動は動物の強い感情の現れなのです。
  • 唸り声をあげる:たいていの場合、唸ることは不快な気持ち、痛みを表します。犬は心地よく感じていない時に唸ります。これは身体的、精神的不調によるものかもしれません。
  • 吠える:吠えることも多くの感情と深く関係しています。犬がひっきりなしに吠えている時は、喜びのサインかもしれません。かすれ声で吠えている場合は恐怖と不信感のサインの可能性があります。
  • 尻尾をふる犬が尻尾を少しふっている場合は、なにかを心配していることが多いです。また、この動作は熱心さ表します。ですので、犬は遊んだり、散歩に行きたがっている時に尻尾をよくふるのです。

その他のサイン

主なサインを紹介しましたが、動物の感情を読み取るための方法はほかにもあります。例えば、食事をせずに、一日中寝転がっているだけの犬は深く悲しんでいる可能性があります。動物はとても直感的なので、そのおかげで周りで起きていることに敏感に反応できるのです。。

動物はとても直感的です 涙を流す

目と涙

犬の目もまた感情を表します。実は、犬の感情を知るためには犬の目をみてあげるだけで十分なのです。直感的な飼い主は愛犬の目を見るだけで彼らの感情を知ることができます。これは人にも動物にもいえることでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
ペットがくれた人生の幸せ
My Animals
で読むことができます。 My Animals
ペットがくれた人生の幸せ

犬であろうと猫であろうとペットを飼うことは、 人生の幸せ に繋がります。ペットに愛され、必要とされ孤独を感じることが少なくなるでしょう。これは、ペットを飼ったことのない人にはわからない感情かもしれません。ペットと共に人生を歩んできた私たちだけが理解できる気持ちなのかもしれません。