【動物が持つ方向感覚】犬は方向感覚に優れているの?

犬は優れた感覚を持っていますが、それだけでなく、飼い主との相互関係が犬の方向感覚に良い影響を与えるでしょう。それが、自分の家へと帰る助けとなるのです。
【動物が持つ方向感覚】犬は方向感覚に優れているの?

最後の更新: 21 12月, 2020

犬の持つ方向感覚についてはまだ分からないこともたくさんあります。犬が自分の家への帰り道を見つける能力があることを記した伝承の物語は、昔からたくさんあります。論理的な説明が不足しているからかもしれませんが、イヌ科の性質を研究する専門家は、常にこの話題に興味を持ってきました。

絶対的な理論はないので、技術の進歩や科学によって犬の方向感覚に対する私たちの理解度は上がってきました。今日は、犬の持つ優れた能力である方向感覚の主な仮説について見ていきましょう。

動物が持つ方向感覚

犬の方向感覚をよく理解する為には、この能力の優れた他の動物について見ていくといいでしょう。良い例は、鳥の飛行方向です。鳥はとても長い渡りの旅に出ます。最初の地に戻ることができるのです。

鳥の方向感覚をよりよく理解する為、世界の様々な場所で研究が行われてきました。実験の多くは、”家”から何千キロメートルも離れた土地で特定の鳥を離し、その行動を調べるというものです。

数日または数週間の旅をした後、鳥は常に元の場所に戻ってきたという結果が出ています。

鳥は一時的な方向感覚の喪失の後、新しい方向に向かうことができるということを示した実験もあります。たとえ道に迷ったとしても、鳥の持つ優れた方向感覚のおかげで、元のコースに戻ることができるのです。

空を飛ぶ鳥

鳥の方向感覚が優れているのはなぜ?

現在、科学会では、おそらく補色である2つの理論について働きかけています。最初のものは、鳥は、時間と空間の中に自分の位置を置く感覚を持っていると述べています。

は目を使って、山や崖、ジャングルなどを認識し、正しいコースにいるかどうかを確かめます。また、聴覚を使って長い渡りの旅の景色の中から得られる刺激を感じ取ります。つまり、しっかりと方向がわかる”シグナル”を集め、目的地に着いたことがわかるのです。

専門家の多くは、鳥は一種の慣性航法を持っていると見解しています。元の場所に戻るにはどの方向へ向かえばいいのかを知っているのです。たとえ、途中で方角を変えなくてはいけないことがあったとしてもです。一時的な妨害や方向の変更が行われたとしても、方向感覚には影響がないということの説明になるでしょう。

渡り鳥にはまるでマグネットコンパスのような働きをする、ある種のシステムが目に備わっていることが研究によって発見されています。渡り鳥の網膜には、偏光様式に光を捉える能力があります。

鳥は、ナビゲーションの一つとして、太陽の動きや星、月のポジションを利用します。これにより、目的地に向かうにはどう飛べばいいかを知るのです。

犬の方向感覚はどうやって働く?

犬の方向感覚に関して言うと、前述に少し似た主な仮説が2つあります。

犬

犬の持つ、力強い感覚は、取り巻く環境を簡単に分析し、何かの変更があればそれを認識しやすくしています。優れた聴力や嗅覚があるため、ランドマークや家に帰る道を認識することができるのです。

また、犬の目の網膜にはクリプトクロム1分子が存在することがわかっています。これは渡り鳥の目にも見られるものです。この分子はマグネットレセプションと関連しています。目にこれが存在することで、動物は時間と空間の中に置ける自分の位置を知ることができるのです。

犬の方向感覚と感情の重要性

前述に加え、科学者たちはまた、犬がいかに正の強化(陽性強化)を受け入れやすいかということに注目しています。これは、犬には様々なタスクを学び、記憶する能力があるということです。

もちろん、犬の訓練で用いる正の強化は、ご褒美やおやつをあげることだけではありません。もっと奥の深いことなのです。

この方法論の柱は、教える者と学ぶ者に繋がっています。この経験を交換することで、飼い主と犬の両方の助けとなるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
【幸福のカギ】ペットを飼ってハッピーな人間になろう!
My Animals
で読むことができます。 My Animals
【幸福のカギ】ペットを飼ってハッピーな人間になろう!

ペットを飼ったことのある人なら、幸せを感じる時間が増えた経験があることでしょう。見ているだけでも癒されますし、一緒に散歩をしたり遊んだり、ソファでゆっくりするだけでも嫌なことが忘れられますよね。ペットを飼うと 幸せ 幸福 を感じやすいというのは科学的にも証明されています。