【カモフラージュじゃなかった!】カメレオンの色が変わる理由

05 10月, 2020
実は、カメレオンの体色変化は捕食動物から身を守るカモフラージュのためではありません。では、色が変わる本当の理由とは何なのでしょうか。

体の色を変化させる動物は長年人々の興味を掻き立ててきました。ほとんどの生物は、外骨格やウロコ、羽毛、被毛などの死んだ組織が原因で変色が起き、それは比較的固定されています。しかし、中には環境の変化に合わせて急速に色や模様を変化させることができる種もいますよね。今回はその代表例と言えるカメレオンが色を変える理由について見ていきましょう。実は、カメレオンの色の変化はカモフラージュではないのです!

 

色と模様の変化の違いとは?

既にお伝えしたように、頭足類(タコ・イカなど)、魚類、爬虫類などの動物の中には、他の生物との相互作用で体色を変化させるものがいます。その中でもカメレオン(カメレオン科)は興味深い例で、局所的に変色する動物とは異なり、カメレオンは社会的相互作用に変色や模様の変化を利用しているのです。

カメレオンは温度に反応して色を変えている

最初に理解しておきたいのはカメレオンは変温動物ということです。つまり、自分自身で熱を作ることができません。そのため、体温を保つためには外部の熱源に頼らなくてはいけないのです。

また、変温動物の特徴の多くは個体の体温によって大きく変化します。たとえば、消化の速さ、走るとき・泳ぐときの敏捷性、そして元々の体色などです。

ご存じの通り、濃い色は光や熱を吸収し、薄い色はそれを反射します。夏の炎天下、黒い車の車内温度を想像すると、体の色を変化させる理由も理解しやすいのではないでしょうか。このことを理解しているカメレオンは自分の肌を温度計のように使い、体色を変化することで太陽から受ける温度を調整しているのです。

カメレオンは、寒くなると深い緑色などに体色を変化させ、暑い時はミントグリーンのような明るい色に変えるのです。

カメレオン 体色変化 

合わせて読みたい『警戒色を持つ生き物:警戒色はどう機能するのか?

カメレオンが色を変える理由はオシャレ?

カメレオンが色を変える2つ目の理由は人間にとって理解しやすいもので、自己表現だと言われています私たちが気分によって洋服を選んだり、ヘアスタイルを変えたりするのと似ていますね。カメレオンもまた、気分によって自分の体の色を変えているのです。

通常、カメレオンは恐怖を感じると色が濃くなり、興奮すると明るくなります。また、オスとメスの違いもあります。オスの方がメスよりも頻繁に色を変え、より微妙な変化を通してコミュニケーションをとる傾向があるのです。

オスのカメレオンは、メスに求愛する際にも色を変えます。派手な色に体色を変化することで、自分が健康であることをメスにアピールするそうです。一方、他のオスがいる時に暗い色に変色する場合は、闘争心が高まっているサインでもあり、その時々の場面に合わせて外観を変化させているのです。

関連記事『コモドドラゴン:「モンスター」と呼ばれる世界最大のトカゲ

カメレオンの色が変わる仕組み

以前は、カメレオンはタコやイカと同じように皮膚の下にある発色団細胞により体の色を変えていると考えられていました。しかし、科学者たちはカメレオンの体色変化はより複雑であることを発見したのです。

カメレオンの皮膚には色素によって作られた色があり、それは細胞内で合成あるいは蓄積された色の付いた化合物です。これにより、メラニンやプテリンなどの化学色素の存在によって、さまざまな色が作られているのです。

カメレオンの皮膚の上層部は、色素を含む細胞で構成されています。たとえば、黄色~赤色の色素を含むキサントフォアや赤血球などが例として挙げられます。メラニン細胞は肌の基底層から最上層にまで出現します。

一方、皮膚には反射性のナノ構造を持つ別のタイプの色素細胞があります。このナノ構造は虹色素胞と呼ばれる特殊な細胞の中にあり、グアニンでできた結晶が光と相互作用することで虹色のメタリックな色が作り出されているのです。

  • Teyssier, J., Saenko, S., van der Marel, D. et al. (2015).  Photonic crystals cause active colour change in chameleons. Nat Commun 6, 6368 https://doi.org/10.1038/ncomms7368
  • Smith, K. R., Cadena, V., Endler, J. A., Kearney, M. R., Porter, W. P., & Stuart-Fox, D. (2016). Color change for thermoregulation versus camouflage in free-ranging lizards. The American Naturalist, 188(6), 668-678.
  • Smith, K. R., Cadena, V., Endler, J. A., Porter, W. P., Kearney, M. R., & Stuart-Fox, D. (2016). Colour change on different body regions provides thermal and signalling advantages in bearded dragon lizards. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 283(1832), 20160626.