猫の年齢:人間で言うと何歳?

最近のペットフードの改良や獣医学の進歩、飼育環境の向上などにより、猫の寿命は以前よりも延びてきています。
猫の年齢:人間で言うと何歳?

最後の更新: 21 11月, 2018

犬の1歳は、人間の7歳程度と言われています。この方式でいえば、犬のおおよその寿命を予測することができますが、猫はどうでしょうか?猫の年齢を人間の年齢に換算する方法は、あまり一般的に知られていませんが、その方法は犬と同様だとされてきました。7 × 1のルールが猫にも適用されてきたのです。しかし、専門家によると、猫の寿命は近年増加し、この方式が当てはまらなくなったそうです。

猫の寿命はどれくらい?

猫の年齢

猫の寿命を知る事は、好奇心を満たすだけでなく、愛猫のニーズをより理解し、ニーズを満たしてあげるのに役立ちます。

アメリカのコーネル大学の研究によると、近年の猫は数十年前より長く生きるようになってきています。以前は、猫の寿命は比較的短く6歳、つまり人間の42歳程度だとされてきました。しかしながら、現代の医療ケアや栄養及び獣医学の向上により、猫の平均寿命は高くなってきています。

一般的に、12歳になると猫は高齢者とみなされます。しかし、7歳以上になると、年齢に関する病気怪我に苦しんでいる猫も少なくありません。したがって、高齢の定義は、それぞれ違いすべての猫には当てはまりません。

動物研究ジャーナルによれば、猫の寿命は獣医学の進歩によって約16歳〜21歳にまで伸びているそうです。そして、中には30歳まで生き延びる猫さえいることも知られています。

猫の年齢を人間の年齢に換算する方法

猫の平均寿命が増加していることから、猫の1歳が人間の7歳と言う年齢のルールは適応しなくなりました。

現在では、猫の1歳は人間の4歳と類似していると考えられています。生後2年は急激に成長しますが(人間の21歳位に相当)、それからは1年ごとに人間の4倍のスピードで歳をとっていくと考えられています。

人間の年齢で猫の年齢を換算する方法は次の通りです。猫の生きている年齢から最初の2年を引きます。2年引いた年齢× 4で計算します。その計算で導き出した数字と21(最初の2年の年齢)を合計してください。

つまり21+(猫の年齢ー2年)✖︎4歳となります。例えば、猫が10歳だった場合、21+ (10 − 2)× 4 = 53歳となります。

計算するのが得意でない場合は、ネット上で猫の年齢変換を行うこともできます。

猫は犬より長生き?

仲のいい犬と猫

猫も犬も似たような寿命だと信じている人が多くいますが、近年ではこれがあまり当てはまらないことが判明しています。犬の平均年齢は約10から12歳です。しかし、猫はそれより長いようです。

なぜこのような違いがあるのでしょうか?それははっきりと解明はされていませんが、猫の衛生管理の高さと静かなライフスタイルが関係していると考えられています。人間の年齢に猫の年齢を換算することで、猫が何を必要としており、どんな世話をすれば良いのか考えるのに役立つでしょう。

ペットと人間は異なりますが、年齢はあらゆる人や動物に影響を及ぼします。いつどんな体の変化があり、それに伴ってどんな世話をすれば良いのか理解することが大切です。もちろん猫も1匹1匹異なっているので、あなたの猫が今人生のどのステージにいてどんなニーズがあるのか注意深く見守ってあげてください。

こちらの記事もおすすめです。
猫の寿命について
My Animalsで読むことができます。 My Animals
猫の寿命について

ペットの寿命はあらゆる要因によって変わってきます。その要因の一つは、生涯を通してそのペットが受けたケアです。平均して、飼い猫の寿命は12年です。(もちろん例外はありますが)今回の記事では、猫の寿命についてお話します。大切なペットが長く幸せに生きるには、コントロールと計画的なケアが必要です。