ニワトリのタマゴの質を良くする方法

卵の質は消費者の健康にも直結する大切なものです。特に最近は、消費者が求める卵の質もどんどん上がってきており、オメガ3やビタミン、葉酸が豊富に含まれた卵が好まれる傾向にあります。
ニワトリのタマゴの質を良くする方法

最後の更新: 30 12月, 2018

卵の質は、農家の方々にとっては収入のカギになりますし、消費者の方にとっては健康のカギとなります。そして、その雌鶏がしっかりと育てられてきたかを評価する指標にもなるのです。

 

卵の質:雌鶏に餌をあげる際のアドバイス

卵の質は卵黄や卵白、そして卵殻をしっかり観察すると分かります。

放し飼いの雌鶏

卵黄の質

卵黄の質は濃度や色、そして成分などを分析することで分かってきます。卵黄の色は淡黄色から濃いオレンジまで様々で、それらは日頃の食事から形成される脂質の色素に依拠しています。

つまり、生産者からすると消費者の望む色を作り出さないといけないために、合成物質や特定の食事を与える人たちも少なくありません。もちろん、消費者の望む色はその地域の文化にも影響されますが、一般的に色の濃い卵黄の方が良さそうに思われているのではないでしょうか。

合成物質とは通常、ゼアキサンチンやルテイン、カプサンシンを組み合わせて作られており、通常エサの中のコーンやムラサキウマゴヤシなどの食材の量で調節されます。

卵黄の濃度は主に卵黄膜の浸透率によって決まりますが、これは普通食生活で左右されるものではありません。むしろ、保存環境や雌鶏の年齢、生産から消費までにかかる時間などの要素が重要な役割を果たします。

卵黄のシミ

卵黄の成分の中でも重要な位置を占めるのが、出血の存在ですこの排卵中の出血が卵黄にシミをつけるのです。さらにこのシミが酸化すると、茶色っぽくなったり白っぽくなったりします。

この出血は雌鶏の育成過程において、年齢や遺伝子、ストレスなどが原因で起こるものとされていますが、近年では商用エサに毒性の強いものが混入されており、その結果出血が多くなっているのではないかとも言われています。

卵白の質

卵白の質は主に濃度によって評価されます。これをよくするのに大切なのが卵の新鮮さと雌鶏の年齢、それに加えて商用エサの質も大事な位置を占めています。中でも適量のタンパク質を生み出せるようなエサはとても大切です。

例えば、肉や豆粉はタンパク質の元として優秀で、卵白の濃度にも影響を与えます。しかし、菜種種やひまわりの種で出来た粉は逆効果となってしまいます。またリシンなどのアミノ酸も卵白の濃度と深い関係にあります。

しかし過度のマグネシウムや鉄分は逆に卵の質を劣化させてしまいますので要注意です。同時に、せっかく適量のアスコルビン酸を摂ったとしても、バナジウムを摂取すると効果が相殺されてしまいますのでこれも注意しましょう。

卵殻の質

殻の厚さは、雌鶏の食生活が直接影響していますというのも、卵殻の95%程度が炭酸カルシウムで構成されており、雌鶏は自身の骨からこれを生成しています。が、食事によってこれをサポートすることも可能です。

つまり、雌鶏のエサに少し多めのカルシウムを含むのですが、ここで無機性リンを用いると、彼らの骨の健康にも役立ちますのでオススメです。しかしこれだけでは当然ダメで、雌鶏のエサはビタミンD3も豊富でなくてはなりません。ビタミンB3と骨の石灰化は切っても切り離せない関係にあり、卵殻の厚さにも影響を与えます。

雌鶏 タマゴの質

卵の質:お世話の方法と予防摂取

まず覚えておきたいことは、予防摂取は雌鶏を健康的にするだけでなく、卵の生産力を上げるのにも必要です。ですので定期的に首下がり症候群や感染性気管支炎、ニューキャッスル病などに対抗するワクチンを摂取させましょう。

お世話の方法に関しては、雌鶏にストレスを与えないことを最優先としましょう。そのためには小屋や照明、生活環境における人口密度などを急激に変化させないようにし、卵の収集も定期的に同じ時間帯に行うようにしてください

卵の質は消費者の健康にも直結する大切なものです。特に最近は、消費者が求める卵の質もどんどん上がってきており、オメガ3やビタミン、葉酸が豊富に含まれた卵が好まれる傾向にあります。

こちらの記事もおすすめです。
実は詳しく知られていない?スペインの闘牛について
My Animals
で読むことができます。 My Animals
実は詳しく知られていない?スペインの闘牛について

迫力と美しさを兼ね備えた闘牛は、見る人を魅了する動物です。 スペイン と言えば牛、そして闘牛でしょう。この記事では、そんな素晴らしい闘牛について詳しく見ていきます。すべてのウシと同様、 闘 牛の牛はアフリカ、ヨーロッパ、そしてアジアに生息していたオーロックスに由来します。