オオトカゲって何?

龍に最もよく似ていると言われれいるオオトカゲについてもっと知りたくありませんか? 今日は、オオトカゲについて見ていきましょう。
オオトカゲって何?

最後の更新: 05 3月, 2021

オオトカゲは、ほとんど知られていない知能の高い大型動物です。

オオトカゲって何?

オオトカゲは、オセアニア、アジア、アフリカが原産の爬虫類で、アメリカ大陸の国々では、絶滅危惧種となっています。中新世から生息していると考えられ、そのうちの8種が今も生息しています。

オオトカゲは、肉を引き剥がすことのできる強い首を持つ、ぼってりと大きな動物です。特にコモドドラゴンは、鋭い爪と強い尻尾を持っています。コモドドラゴンは、3mにもなるオオトカゲの一種で、一番大きな種類だと考えられています。一方で、オーストラリアン・ドワーフオオトカゲは体長20cmしかありません。

しかし、かつては、コモドドラゴンよりも大きなオオトカゲが存在していました。偉大な放浪者という意味を持つ名のメガラニアは、30,000年前にオーストラリアに生息していた非常に大きなオオトカゲです。オーストラリアの先住民(アボリジニ)と共存していたかもしれないと思われています。

オオトカゲって何?

オオトカゲの食事

オオトカゲのほとんどは、地上に住み、肉食です。しかし、中には木の上で暮らしたり、半水中で暮らすものもいます。フルーツや野菜を食べるものもいます。

オオトカゲは、昆虫や甲殻類、軟体動物、魚類、両生類、鳥類や哺乳動物、他の爬虫類を食べることができます。コモドドラゴンのように、中には大きな鹿を獲物とするものもいます。

オオトカゲは、ヘビと同じく、とても優れた鼻鋤骨器官を持っており、嗅覚を通して獲物の位置を確認します。そしてヘビのような、フォーク状の舌を持ちます。ワニやイグアナといった、他の四足動物の爬虫類とは違いますね。

これらの動物は、自分の体よりもずっと大きなサイズの獲物を食べることが可能です。ヘビのように、頭蓋骨の他の部分から離れた上顎がそれに対応できるのです。

オオトカゲの行動

オオトカゲは、基本的に単独で生活します。ですが、資源の限られた場所では、50匹以下の群れとなっている様子が見られることもあります。広いテリトリーで活発に活動するハンターだからです。

オオトカゲは、動物のとても興味深いグループに属します。解剖学的にとてもよく似ているかもしれませんが、オオトカゲの種ごとに大きな違いがあります。代謝能力に優れたとても活発なものもいれば、そうでないものもいます。

ほとんどの爬虫類とは違い、オオトカゲの心臓は、哺乳類の心臓ととてもよく似ています。心拍として二室を分ける心室中隔があります。これにより、酸素がより効果的に体内輸送されるのです。

砂の上のオオトカゲ オオトカゲって何?

あわせて読みたい:世界7不思議:自然版

オオトカゲは毒を持っているのかどうか疑問に思う人もいるでしょう。オオトカゲに噛まれると、出血し、かなりの痛みを伴うでしょう。しかし、オオトカゲに毒があるとか、口腔細菌によって感染するといったことは証明されていません。

オオトカゲに迫る危険

これらの爬虫類は、絶滅危惧種の動物群の一つです。スペインでは、ヨーロッパの動物違法取引の玄関口だと考えられています。爬虫類、特にオオトカゲがそうです。

これらの動物はペットとして飼われています。それにより、スペインは、動物違法取引に対する鍵となる国になりました。地上に生きる最後の龍、オオトカゲ。この世界から消えてしまうことだけは防ぎたいですね。

こちらの記事もおすすめです。
コモドドラゴン:「モンスター」と呼ばれる世界最大のトカゲ
My Animals
で読むことができます。 My Animals
コモドドラゴン:「モンスター」と呼ばれる世界最大のトカゲ

コモドドラゴンは世界最大のトカゲで、全長は10フィート(約3m)にもなり、食性は肉食で死んだ動物の肉を食べる巨大な捕食者です。コモドドラゴンは恐ろしい評判があるため、多くの人は「モンスター」と呼びます。今日の記事ではそんな コモドドラゴン ( コモドオオトカゲ )についてご紹介します。