魅惑的なスペインのカメの世界について知ってみよう

20 2月, 2020
スペインにはヨーロッパで最も多くのカメがいます。スペインのカメについて読み進めていきましょう。
 

スペインのカメは、米国やインドなどの国に比べると、比較的少ないと考えられます。しかし、ヨーロッパでは、スペインのカメの個体数と種類が最も多く、中には個体数が非常に多い種類もいます。

 

スペインのカメ

スペインに存在する種類のカメとは?

潜頸亜目(cryptodira)に属する5つの科があり、この中でイシガメとウミガメが最も多く合計11種が存在します。

  • 2種類のリクガメ:ギリシャガメとヘルマンリクガメ
  • 4種類のイシガメ:スペインイシガメ、北アフリカイシガメ、ヨーロッパヌマガメ、そして一般的なヨーロッパイシガメ
スペインイシガメ
出典元:http://www.zoologicoelbosque.com/

 

その分布は、イベリア・バレアレス動物相とカナリア動物相に分かれています。

合わせて読みたい『カメの飼い方の基本をご紹介!カメのニーズを理解しよう

生息地は?

スペインでのカメの分布

ウミガメは、すべてのスペインの海に生息していますが、地中海ではより多く生息しています。イベリア半島とバレアレス諸島には固有種はなく、マヨルカで見られる種は、スペイン本土の北東部でよく見られる種です。これは、ヘルマンリクガメとギリシャリクガメの場合です。

 
ヘルマンリクガメ

カナリア諸島では、イシガメやリクガメが生息できない緯度のためウミガメのみが生息しています。

地域分布

地域分布に関しては、種の個体数が最も多いのは保護地域であり、多くの場合、河口の近くにいます。これはウミガメにとっては侵入しやすく、イシガメの個体数確保にも繋がっています。

ヨーロッパイシガメ スペイン カメ
 出典元:https://www.ecoticias.com/

 

種の個体数が最も多い地域は次の通りです。

  • アンダルシアのドニャーナ国立公園
  • カタロニアのデルタデルエブロの自然公園
  • カタロニアの北東

ドニャーナやデルタデルエブロ周辺の湿度は、ヨーロッパのカメの種を保護するために不可欠な要素です。

スペインにカメのいない地域はある?

スペインの一部の地域ではカメが生息していなく、このことから次の2つの結論が導かれます。

  • これらの地域の一部は冷血動物には厳しい環境のため、カメが生息していないと専門家が指摘
 
  • 爬虫類学研究があまり行われていないため、カメの存在は道である可能性

関連記事『カメの餌やりについて

ガリシアでは、理論的には温度が不適切であるミニーニョ川下流域にスペインイシガメが多く存在しています。これは、理論上、足りないのは研究であり動物ではないと言うことを示唆しています。しかし、カタロニア・アラゴンのピレネーの場合、山岳地帯のためにカメがいないことは間違いありません。

カメの最大個体数はスペインの南西部です。これは、ウエルバ、カディス、セビリアの一部、コルドバ、カセレスとトレド、そして事実上すべてのバダホスシウダードレアルを網羅する2種類のイシガメが共存しているためです。

ギリシャガメ スペイン カメ
出典元: https://serbal-almeria.com/

 

アルメリアとムルシアでは、スペイン全体で最大ギリシャガメの個体数が確認されていて、特にアルメナラ山脈で見られます。Bセウタとメリリャの自治都市ではスペインイケガメのみが見つかっていますが、専門家はギリシャガメが生息した過去もあったと指摘しています。

このように、スペインには湿地が保護されていることもあり、国内にカメやリクガメが個体数と種類共に多く存在しているのです。

 
 
  • Merchán Fornelino M, Martínez Silvestre A. Tortugas de España. Madrid: Antiquaria; 1999.