【ワンちゃんの奇行?】愛犬が壁を舐めるのはなぜだろう

犬の行動の中には、私たちの目には奇妙に映るものがたくさんあります。今日は、なぜ犬が壁を舐めるのかについてお話したいと思います。
【ワンちゃんの奇行?】愛犬が壁を舐めるのはなぜだろう

最後の更新: 13 7月, 2020

犬の行動の中には私達人間には理解できないものがありますよね。お風呂に入った直後に泥の中で転がったり、汗まみれの靴下を噛んだり、ごみをひっかきまわしたり…。そして壁を舐めているのを見たことがあるという方もいるかもしれません。しかし、これらすべての奇妙な行動はどれも説明することができます。まずは犬の立場になって理解しようと努めることが大切です。

今日は、愛犬がなぜ壁を舐めるのかについて取り上げます。そのためには、犬のように考え、犬のように走り、犬のように食べる…のもいいですが、今回の記事を読んでその理由を解き明かしていきましょう。

愛犬 壁 舐める

壁は消化しにくそうだけど…?

まず、食べられないものをを食べることに関しては、科学者が幅広い研究を続けてきています。特に、動物行動学者や栄養学者がこのような研究をしており、これらの分野に明るい方なら、愛犬が壁を舐める理由はおそらく栄養か行動に関係しているということがお分かりでしょう。

一つは異食症と呼ばれるもので、その動物の通常の食事には含まれないものを食べることを指します。当たり前ですが、壁は犬が通常口にするものではありませんよね。

一見したところ、犬がこのような行動をとる理由は考えられません。例えば犬がごみを漁るのはおそらく飼い主が捨てた残り物を探しているからだと思われます。しかし壁を舐めるということに関しては、さらなる説明が必要でしょう。

犬 壁を舐める

心理的な原因かも

すでに少し触れたように、主な理由はおそらく行動障害です。犬はとても知的な動物であり、複雑な感情を抱くことができます。これが犬がとても人気のあるペットである理由の一つでもあるのですが、そこには欠点もあります。メンタルヘルスが犬の幸福に大きく影響するからです。

愛犬がストレスを感じたり、退屈したり、不安になると、壁を舐めることがあるかもしれません。これは、私たちが爪を噛むのと同じようなことです。つまり犬が感じている気持ちを表しているにすぎないのです。

こういった気持ちはさまざまなことが引き金になりえるので、専門家にアドバイスを求めるのがいいでしょう。しかし、愛犬をこのような気持ちにさせているかもしれない原因をいくつか挙げました。

  • 恐怖や恐怖症:ひどい扱いを受けてきたりトラウマになるような状況に苦しんできた犬は、その結果定期的にストレスや不安を感じるかもしれません。
  • 分離不安:飼い主にとても愛着を持っている犬は、家に一人でいることに耐えられないことがよくあります。これがおそらく最もよくある理由でしょう。
  • 環境の変化:新しいペットが家にやってきたり、子どもが誕生したり、住所が変わったりしたときなどです。

栄養が原因?

栄養不足のせいで犬が異食症になるということを示す根拠はかなりたくさんあります。特定の欠乏症があると、何でもいいからとにかく何かを食べてそれを補おうとします。

壁の多くは石膏(硫酸カルシウム)でできており、カルシウムは身体に欠かすことのできないミネラルです。ですので、もし愛犬がその欠乏症を持っていたら…壁を舐めてカルシウムを取ろうとしているのかもしれません。しかし、これが異食症の原因になっていることはあまりありません。売られているエサのほとんどには、あらゆる欠乏症を予防する栄養素が正しいバランスで入っているからです。栄養不足になるのは、残り物など家にあるものを食べている犬のことが多いのです。

犬 壁を舐める

壁を舐めているときは獣医さんに相談を

ご覧の通り、最初は不思議でちょっと笑ってしまうかもしれませんが、愛犬が壁を舐めているのには深刻な理由があるのかもしれません。ちょっと怪しいなと思った時は、獣医さんに連れて行ってアドバイスを求めましょう。

こちらの記事もおすすめです。
ドッグフードを食べてくれない!どうしたらいいの?
My Animalsで読むことができます。 My Animals
ドッグフードを食べてくれない!どうしたらいいの?

ドッグフード を嫌がる犬はただ単に食べたい気分でないこともありますが、突然、 食欲不振 になる際にはいくつかの原因が考えられます。バランスのとれた餌を食べていないと病気になってしまうこともあるため、愛犬が餌を食べない場合、将来的な合併症を防ぐためにも早めに行動しましょう。