がんになってしまったペットを助ける自然療法って?

24 9月, 2019
多くのケースで自然療法が効果的であるのは事実ですが、何よりも、従来の治療の二次的な影響を防ぐための選択肢なのです。
 

動物の体は人間と似ているため、人間と同じような多くの病気にかかります。そして、残念ながらペットに最も一般的な病気にがんがあります。化学療法は治療の選択肢の一つですが、その副作用からがんにかかってしまったペットを助ける自然療法を探す人は多いのです。

 

がんになってしまったペットを助ける自然療法とは?

がんにかかってしまった大切なペットを効果的に助けることのできる自然療法はありますが、自然療法は化学療法の代わりではありません。自然療法は、病気になってしまったペットのニーズに合わせてあらゆる方法で行うことができます。

化学療法は患者の血液を介して投与される液体の化学物質なのに対して、自然療法にはいくつかの方法があります。自然療法で重要なのはその方法ではなく、最終的な結果です。がんを取り除くために注射できる魔法のような薬を期待してはいけません。

あらゆる選択肢を見つけ分析する必要があり、獣医の助けを借りることであなたのペットに一番効果的な治療法を決めましょう。

がんのペットを助ける自然療法

鍼治療

伝統的な漢方医学では、腫瘍は、いくつかの理由によって引き起こされることのある既存の閉塞によって形成されます。これが固まると、血液と老廃物がきちんと循環されなくなり、組織に蓄積することで悪性腫瘍になるコブが形成されることがあります。

鍼治療 ペット がん  自然療法 
 

関連記事『愛犬を癌から守るためにできること

まず、獣医は閉塞部を特定し、腫瘍を見つけます。その後、鍼治療で腫瘍を取り除くことに取り掛かります。これは動物の適応・恒常性・免疫制御システムを刺激することで行います。こうすることでペットは腫瘍に支配されるのではなく、ペットが腫瘍を支配するようになるのです。

ペットのがんを取り除くための鍼治療では、いくつかの部位を徹底的に治療します。もちろん、腫瘍のタイプが鍼治療の相性は獣医に相談する必要があります。

バランスの良い栄養

がんという恐ろしい病気と闘うための特定の食事療法により、悪性腫瘍が消えたとされるケースも過去にはありました。がんの動物を助けるこのような自然療法は、どちらかというと治療ではなく予防としてのものです。同時に、制御不能な免疫システムを整えるのにも役立ちます。

これは、次のような栄養成分によって可能になります。

  • ビタミンとミネラル。がん細胞を直接攻撃するビタミンA, D3, C, Eとセレン。
  • オメガ3脂肪酸
  • ビオフラボノイドこれは小麦やブドウなどの一部の食品に含まれています。あるいは、カプセルのサプリとして摂ることもできます。
  • アミノ酸。アルギニン、グルタミン、メラニンは免疫系の機能を高めます。また、これらの酸はがんの成長を遅らせ、がん細胞と闘うことでも知られています。

ホメオパシー

ホメオパシーは、ハーブと天然のサプリメントを使用する治療法です。腫瘍の成長を遅らせる、痛みや不安の緩和、転移を防ぐなどの目的で行われます。

 
ホメオパシー ペット がん  自然療法 

合わせて読みたい『ペットが癌になったときの行動

この場合、ペットが感じている苦痛を緩和するのに役立つ適切なサプリが見つかることでしょう。ホメオパシーに詳しい獣医もいるため、かかりつけの獣医がそうでない場合、詳しい人を紹介してもらいましょう。

自然療法は上手くいくこともありますが、このブログでは他の治療法よりも自然療法を推奨しているわけではないことを明確にしておきたいと思います。飼い主の皆さまが参考にできる情報提供をしているに過ぎません。

多くのケースで自然療法が効果的であるのは事実ですが、何よりも、従来の治療の二次的な影響を防ぐための選択肢なのです。