犬の吠え声に込められた意味とは?

30 10月, 2018
すでに皆さんが知っているように、犬は非常に知性的な動物です。犬は常に感情や欲望を知らせるための理想的な方法を見つけるでしょう。

犬は素晴らしい知性を持っていて、創意工夫に溢れています。また、犬は常に自分の感情や欲望を表現しているので、犬の 吠え声 を正しく理解するのは私たちの大事な役目でもあります。

犬は様々な声や音を使って人々とコミニケーションを取ります。遠吠え、うなり声など様々な種類の吠え声は、最も一般的なものです。このような声を使って感情や気持ちを伝えているのです。そして、愛犬の吠え声を飼い主として理解するためにはいくつかのことを考慮する必要があります。

すべての吠え声が同じことを意味しているわけではありません。加えて遠吠えやうなり声も異なる解釈があります。それが何を意味しているのか理解するために、愛犬が発する音の特性をよく分析する必要があります。

吠え声、遠吠え、うなり声をどのように読み取るか

吠える

犬はいくつかのタイプの声を発します。吠え声を読み取るために、音の特性を理解してください。

・短く鋭い吠え声:これは親しみをこめた吠え声です。犬は短く鋭い吠え声で、お互いに挨拶をします。家に帰った時にこの声を聞くのはとても一般的です。

・短く低いピッチの吠え声:メスはこれを使って子犬を叱ります。

・コントロールできていない吠え声:危険があるときにこれらの吠え声を発します。犬は新しく奇妙な出来事で自分でコントロールできないほど吠える傾向があります。花火や見知らぬ人の存在はこの方法で吠える可能性が高いです。

・断続的な吠え声:興奮している、または過度に喜んでいるときに使われます。犬は断続的に吠え続けるので、散歩に行くか、一緒に遊ぶと良いでしょう。

・反復的で執拗な吠え声:狩猟犬や救助犬のように訓練された犬はこの種の吠え声を使います。犬がこれを使って吠えると、何かを見つけたサインです。

・他のタイプの吠え声:歳をとるにつれ、犬はより強く頻繁に吠えます。これは犬が耳が遠くなり、自分の発する音をコントロールできないためです。

吠える小型犬 吠え声

犬は吠えることに加えて、コミニケーションを取るために遠吠えします。そしてこの遠吠えにも様々なタイプがあります。

遠吠え

通常、犬が遠吠えしているときは苦しんでいることを意味します。他のものによって、もしくは犬自身の中で苦しみを感じている場合があります。

・長く継続的な遠吠え:この遠吠えは恐怖と痛みを表しています。ぎこちない吠え声を伴うことがあります。

・他の犬と同じ時間にする遠吠え:これは犬が縄張りを主張する方法です。

・子犬の鳴き声:文句を言っていたり、注目してほしい、愛情の要求の際に聞かれます。

・真似した遠吠え:この遠吠えは他の音を模倣しています。一般的にいつ何時でも聞こえる音です。サイレン、救急車、パトカーなど、犬が日常で聴くものは何でも真似します。犬の耳は非常に敏感なので、簡単に別の種類の周波数をとらえることができます。

・その他の遠吠え:遠吠えの中には、不安や落ち込んでいるときに発せられるものもあります。

遠吠えや吠え声に加えて、うなり声もまた異なる意味を持っています。

うなり声

遠吠えや吠え声のように一般的ではありませんが、犬もまたうなり声を上げます。

吠える犬

・柔らかい、低音のうなり声:それは脅迫的なものです。犬は自分のスペースを要求しています。もしあなたがそれを尊重しなければ、ひどい状況に陥るかもしれません。犬は遊んでいる時にもこの声を使います。

・うなり声/吠え声:うなり声と吠え声のミックスされたこの高音は、別の動物への不信感を意味しています。ピッチが低い時は、それは攻撃、または注意を喚起しているサインです。

・起伏の激しいうなり声:このうなり声は突然声のトーンに変化が現れます。それは緊張のしるしです。犬は攻撃しようとしてるのかもしれません。何らかの予防対策をとらなければなりません。この時犬の目を見ないようにしましょう。

犬の吠え声を読み解くのは難しいことではありません。同じことが遠吠えやうなり声にも言えます。通常、犬の発する音は犬の顔の表情にマッチしているので、動物が何を言いたいのか、何を表現しているのか推測するために、顔の表情も参考になります。

犬が24時間以上奇妙な音や不明な声を出す場合は、専門家に連れて行ってあげましょう。健康状態に問題があるかもしれません。

すでに皆さんが知っているように、犬は非常に知性的な動物です。犬は常に感情や欲望を知らせるための理想的な方法を見つけるでしょう。