犬のコロナウイルス感染症について

15 9月, 2018
症状に注意し、すぐ獣医に連絡することが大切です。

犬のコロナウイルス症例の増加は恐ろしいものです。このウイルスは世界中の獣医や飼い主たちを悩ませているのです。また、早期に診断することがワンちゃん達を助けるカギとなります。そうすれば、合併症などが起こるのを未然に防ぐことができるでしょう。

犬のコロナウイルスの主な原因は不潔な環境です。野良犬の子犬によく見られるウイルスで、体がとても弱くなり、病原菌の影響を受ける可能性が高くなります。

ですので、動物を引き取る時はしっかり駆虫をすることが大切です。そして、既往歴・予防接種記録をしっかり更新しておきましょう。ペットの健康を保つためには予防が一番の近道だということを忘れないでください。

犬のコロナウイルス感染症とは?

犬のコロナウイルスとは腸に影響を与える感染症です。コロナウイルス科のアルファ・コロナウイルスというウイルスによって引き起こされます。

病気の犬

この病原体は体の中に入り込み、小腸の絨毛の間で増殖します。基本的には慢性状態に進行する可能性はありません。

けれど、感染率はとても高いです。どんな年、犬種、大きさの犬でも患うことがありますが、特に子犬によく見られます。

子犬の体は感染症に弱いです。まだ免疫が発達していないため、体が外の環境に存在する無数の微生物を対処する準備ができていません。その上、成長期の活発化している細胞活動はウイルスの増殖を助けてしまいます。

ちゃんと治療を受ければ、この感染症は後遺症が残るような影響を残したりはしないので、すぐに病院に連れていってあげましょう。

なぜペットは感染してしまうの?

犬のコロナウイルスに最もよく見られる感染方法は糞を口にすることです。自分や他の動物の糞を食べてしまう癖のある動物が大抵感染します(食糞性)。

食糞性は、行動障害であり特定の病気や栄養失調の症状である可能性があるので注意してください。

犬のコロナウイルスの症状は?

このウイルスの潜伏期間は24時間から36時間程度に渡ります。ウイルスが急速に増殖するため、症状が現れるのは早いです。

コロナウイルスに感染した犬には急にこのような症状が現れます:

  • 食欲の減少
  • 疲労、だるさ
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 痰と血の混じった悪臭のする下痢

感染が進むと、脱水症状が現れたり拒食症になることがあります。震えたり、歩行が困難になったりするかもしれません。

また、わかりにくい症状が出ることもあるので、ペットの行動に少しでも異常があれば直ちに獣医師の所へ行ってあげてください。

犬のコロナウイルスに治療法はあるの?

コロナウイルスには短期的な周期があることがわかっています。動物の体がウイルスと戦い、それを体から排除するためには自然に任せてその周期を一度果たさせなければいけません。

犬のコロナウイルスの治療方法には、症状を軽減させたり、生活の質を高めてあげることも含まれます。

その動物に適切な治療法を見極め、勧められる専門家は獣医しかいません。まず、症状と感染症の進行具合を分析してもらい、その後に次のようなものを投与して治療することができます。

  • 脱水症状を和らげるための液体
  • 栄養失調、拒食症を防ぐための食欲促進剤
  • ウイルスの増殖を防ぐための抗ウイルス剤
  • 二次的に細菌感染症にかかった場合のための抗生物質
  • 消化機能を高め、胃粘膜を保護し、嘔吐や下痢を防ぐための薬
獣医師と犬

犬のコロナウイルスはどうやって予防すればいいの?

責任を持って飼育することが犬のコロナウイルスを予防する一番の方法です。感染症を防ぐためには、予防接種のスケジュールはきっちり守り、子犬の時から定期的に駆虫することが大切です。

また、バランスの取れた食事を取り、適度に運動することは全ての動物の健康的な発達にとって必要不可欠です。同様に体や身の回りを清潔に保ってあげましょう。

死には至りませんが、犬のコロナウイルスはペットの日常生活の中で多くの不快感を与えます。必要な予防措置を取っておけばペットの命を救うことになりますし、お互いもっと幸せになれるということを忘れないでください。