犬の老年性認知症:知っておくべきこと

15 10月, 2018
老いは人間にも動物にも影響を与えます。

犬の老年性認知症 は私たちの親友の老いのプロセスにおいて避けられないものです。しかし、様々な方法を用いることで、犬の老年期の人生の質を高めることは可能なのです。

脳は多くの役割を持つ器官です。外部への刺激を他の器官に伝達することも非常に重要な脳の役割の一つで、身体中すべての代謝のプロセスに繋がっており、コントロールしています。

長い寿命は多くの喜びと思い出を生み出してくれますが、身体や脳の認知器官を含んだ、精神的、感情的疲労の結果でもあります。これは人間でも犬でも同じなのです。

犬の老年性認知症

認知症は、記憶や脳の機能を失うことを含むプロセスです。歳を重ねていく内に神経細胞は死に始めて、脳は若さを失っていくのです。

一般的に、認知症が記憶や脳の機能を失ったりということを含むプロセスの名前です

人間の場合、アルツハイマー症がもっとも深刻な認知症を引き起こす脳の病気です。神経変性は急に現れ、個人の性格や行動を急激にかえたり、アイデンティティーの喪失に繋がります。

認知症の始まり

犬の場合、認知症は感覚機能の喪失が主な症状だと言われています。視覚と聴覚が一番影響を受け、犬の一番の感覚である嗅覚は強く残りがちです。

さらに進行した場合、犬は認知機能を失い始めます。指示に反応できなくなったり、空間と時間という感覚において不具合が生じるようになります。

老いの他に認知症と関連があるのは、バランスの悪い食事、中毒、脳への障害、怪我などが挙げられるでしょう。

犬の老年性認知症の症状とは?

説明したように、犬の老年性認知症の症状は犬の行動に影響を与えることです。犬はたいてい6歳から10歳の間にシニアの歳に入ります。普通は、犬の体が大きければ大きいほど、老化の症状がでるのが早いです。

老いた犬は飼い主からの指示を聴くことに苦労するかもしれません。ですので、それは飼い主の言うことを聞かなくなったのではなく、聴覚を失ったことと言えるでしょう。

視覚にも同じことが起こります。犬は普通歩いている時に自分を捉えることに苦労し始めます。道にあるものが上手く見えておらず、そのものにぶつかってしまったり、倒れたりします。

感覚を失うこと

犬は五感を徐々に失っていくでしょう。音や匂い他の動物の存在感といった、外部からの刺激への反応が消えていきます。自分のテリトリー内にいる人間をみることさえ難しくなっていきます。

また、深刻な認知症は以下のような症状を引き起こします。

  • 気質の変化
  • 異常に元気になったり、心配したりする
  • 食欲の低下
  • 疲れ、無気力、またはうつ
  • 身体的コンロールを失う
  • 正気を失ったり、ランダムな行動をとる
  • 名前や家族の一員を忘れる

老年性認知症は静かに進行し、進行したステージでやっと気づかれることが多いです。ですので、早期発見のためにも獣医を定期的に訪れることをオススメします。

犬の老年性認知症の治療方法はあるの?

老いを防ぐことはできません。しかし、神経変性を止め、認知機能を向上させてくれる一時緩和的治療方法はあります。

それは、モノアミン酸化酵素阻害薬を処方することです。この薬は急進分子によって起こるダメージを減らすことで、神経保護効果を発揮するのです。

老いを防ぐことはできません。

さらに、天然のイチョウのエキスも使われることがあります。

この治療は脳への酸素投与を向上させ、認知機能にとても良いとされているのです。

獣医がそれぞれのペットに合った治療をお勧めしてくれると思うので、しっかり彼らと相談して対処してあげてください。

犬の老年性認知症を防ぐには?

歳を重ねてからの人生の質は、若い時の健康的な生活習慣によって決まります。子犬の時から健康的な生活を送ることによって、老年性認知症のプロセスが早まるリスクを防ぐことができることを覚えておきましょう。

バランスのとれた食事と日頃から適度な運動とリラクゼーションをとることはとても効果的です。

さらに、ワクチン接種も忘れないようにして、定期的に害虫処理も行いましょう。