犬のうっ血性心不全について知ろう

最も明白な症状は、目に見える腫れの原因となる、体のさまざまな部分での体液貯留です。
犬のうっ血性心不全について知ろう

最後の更新: 24 12月, 2018

犬のうっ血性心不全は、特に中高年の犬にとって一般的な病気となっています。

この病気が完治する治療法はありませんが、早期に発見して診断を受けることで、生活の質を保証する効果的な治療を開始することができます。

本記事では、心臓が機能障害を起こし、血液の流れが滞ってしまう病気であるうっ血性心不全とその影響について詳しくご紹介します。

こちらもご参考に:人工呼吸で犬を救った消防士

うっ血性心不全とは?

心不全と呼ばれることもあるこの病気は、前述したように心臓の機能障害であり、何らかの病状が原因で心臓が正しく機能せず、十分な血液を体内に送り出すことができなくなっている状態です。

体内機能のバランスを保つために、私たちの体は、酸素が臓器や体内組織に行き渡るように心臓の機能を活性化します。

しかし、激しい心臓の痛みなどにより、心臓の機能に悪影響を与えます。

うっ血性心不全を発症するのは、人、犬、猫です。

横になる犬

画像提供元:Soggydan Benenovitch

アメリカ心臓協会は、アメリカだけで、600万人近くがうっ血性心不全を発症していると発表しています。

こちらもご覧ください:犬の老化を示す5つの兆候

犬の心不全の原因

犬のうっ血性心不全の最も一般的な原因は、重症の拡張型心筋症です。この病状は心臓の壁を弱めます。また雌犬では、妊娠によって心臓の壁や弁が摩耗することがあります。

この病状は以下の要因にも関連しています。

  • 心膜嚢内の体液の蓄積
  • 心臓弁膜症
  • 犬の糸状虫症(糸状虫症)
  • 心臓のリズムの変化
  • 動脈性高血圧
  • 心臓弁の感染症(心内膜炎)
  • 心臓腫瘍

犬のうっ血性心不全の原因

心不全は、心臓の左右、左右の両側に影響を及ぼす可能性があります。

まず、心不全が心臓の右側に影響を及ぼすと、流れていない血液が腹部に蓄積します。

心不全が左側から生じる場合、それは肺に水分を貯留させます。

どちらの場合も、うっ血や出血を引き起こす可能性があるため非常に危険です。

さらに、犬の心不全は左心室の拡張、一般的に「心臓肥大」として知られている症状を引き起こすことがあります。

心臓の肥大が悪化すると、体全体に血液を送り出すことができません。

犬の心不全の症状

最も明白な症状は、目に見える腫れの原因となる、体のさまざまな部分での体液貯留です。

特に腹部が拡張して、お腹がかなり膨らんで見えることがあります。

他の典型的な症状は以下の通りです。

  • 疲労
  • 興味の欠如
  • 脱力感
  • 咳や呼吸困難
  • 心臓のリズムや血圧の変化
  • 身体活動の困難または不耐症
  • 頻繁に失神する
  • 歯茎の色の変化(グレーまたはブルーの色調)。

これらの兆候は、疾患が進行するにつれてさらに明白になり、それが心臓の構造の進行性の衰弱を引き起こします。

したがって、早期診断による効果的な治療が、犬の寿命を伸ばすために重要になります。

うっ血性心不全の診断

前述の症状のいずれかに気付いたら、すぐに獣医に相談して、必要な検査や検診を受けてください。

うっ血性心不全の診断には、以下の検査が含まれます。

  • 血液検査:糸状虫症を検出する
  • 血圧と運動テスト
  • 胸部のX線
  • 心電図(ECG)
  • エコー心電図:心臓構造の解剖学と機能を確認
寝ている犬 うっ血性心不全 心不全

犬の心不全の治療

特定の治療法は、犬の健康状態と病状の起源によって異なります。

  • フィラリア症(犬糸状虫症)と診断されたら、「寄生虫」を取り除くために直ちに駆除する必要があります。
  • 心不全と診断されたほとんどの犬が薬を服用する必要があります。彼らは6ヶ月ごとに定期検診が必要になりますが、心機能を改善することによって快適な生活を送ることが可能になります。
  • 中程度に進行している場合、犬は入院と酸素療法を必要とするかもしれません。
  • 肺や腹部に水分が残っている場合は、水を外に出す必要があるかもしれません。
こちらの記事もおすすめです。
犬に起こる心雑音:予防と応急処置について
My Animals
で読むことができます。 My Animals
犬に起こる心雑音:予防と応急処置について

健康的な心臓を持つワンちゃんの胸に聴診器を当ててみると、血液の流れと心臓の鼓動によって継続的な音がなり続けます。心雑音とは、その名の通り心音に混ざる雑音の事で、通常はお医者さんが聴診器を使って診察しないと分かりません。今回はこの 心雑音 について詳しく見ていきましょう