犬をキスすることによってかかる厄介な感染症

17 6月, 2018

私たちは犬にキスしたり犬からキスをされることが愛情を示す素晴らしい方法だと思っている傾向があります。もちろん、私たちの愛する犬はただのペットではありません。彼らは家族の一員でありひとつ屋根の下で暮らす、かけがえのないメンバーです。犬にキスする事は良いことで健康であると示す研究もありますが真実はそうではありません。キスをすることによって病気や感染症を患う可能性があります。

犬にキスする=感染病の恐怖

海辺で飼い主とキスする犬

犬に愛情を感じ、その愛を表現するのは美しいです。しかしこれは犬にとってだけではなく、人間にも負の影響与える可能性があります。犬との密接な接触は、細菌やウィルスの伝達を促進します。これによって歯の病気にかかる可能性があります。

山崎博士が率いる大阪大学の日本人科学者グループの研究によると、多くの人が犬を家族の一員とみなしており、口や顔にキスする事をなんら悪いことだとは思っていないことが判明しました。研究によれば、犬によってウィルスに感染したため病気になる可能性がより高いことも判明しました。

この研究では、66匹の犬及びその飼い主、並びに動物飼育施設の獣医及びボランティアの健康状態を分析しました。結果は驚くべきものでした。大半のケースで犬にキスした人は口に細菌があり歯周炎を起こしていました。

これは非常に深刻な感染であり、歯を支える骨や人体に損傷を与え、歯が緩んだり、完全に抜けてしまう可能性もあります。同時に犬は人の特徴である口腔内細菌を持っていました。

人間と犬のバクテリアは異なっていますが、キスやその他身体的密接な接触をすることによって、バクテリアが移る可能性もあります。

犬にキスをするとどうなるか

もしあなたがペットと寝たり顔や口にキスをしているのであれば、ダニがいるかもしれないことを覚えておくべきです。ダニには人間のライム病を引き起こす可能性があります。

犬にキスをすることと重大な病気に陥る事とどう関係するのでしょうか。犬は痛みやかゆみなど刺激を引き起こす場所を自分で舐める傾向があります。ダニがいる場合、その場所を噛むことによってダニを取り除こうとします。ダニは長期間動物の皮膚にくっついて血を吸うので、犬の唾液を介して人に感染する恐れがあるのです。

キスすることによって感染する危険性のある他の病気は、狂犬病です。狂犬病は動物だけでなく人間にも影響します。それは唾液を介して伝わります。犬が狂犬病にかかると、非常に高い熱を出し攻撃的な行動を起こし、最悪の場合脳に広がると死に至ることがあります。

キスによって起こる危険な病気パルボウィルス

飼い主と向き合う犬

この病気は非常に感染力が高く、唾液と糞便を介して感染します。パルボウイルスは非常に強く、極端な気候条件(寒さ、熱、乾燥、湿度など)で長時間生き残ります。ワクチン接種を受けていない場合、主に生後4ヶ月までの子犬に影響を与えます。

ウィルスは非常に伝染性が高く、犬にキスすると人に伝染する可能性もあります。パルボウィルスに攻撃されやすい犬の品種はロットワイラーズとドーベルマンで、ときには死に至ることもあります。もし予防接種を怠れば、キスにより、ウイルスにかかる可能性がより高くなります。

このような理由から、飼い主にあらゆる種類の合併症を防ぐための予防接種を勧めています。犬だけでなく家族全員予防接種をするのが良いでしょう。

犬が非常に健康で衛生的であるように見える場合も、犬にキスしないことをお勧めします。ペットが何に触れたか、ウイルスや細菌が口に生息しているかどうか、実際のところわからないからです。