猫が大好きな匂い8選

人間に好かれる食べ物の匂いがあるように、猫にとってもずっと嗅いでいたい香りというものがあります。ただしハーブや花の中には麻薬のような作用があったり、猫が食べると有害なものがあるので注意しておきましょう。
猫が大好きな匂い8選

最後の更新: 18 2月, 2019

 

猫は匂いに対して私たちよりずっと敏感なだけでなく、その好き嫌いについてもはっきりしています。猫が大好きな匂いについて知りたくありませんか?この記事で今からお教えします。

猫が好きな匂いを知ろう

猫が好きな香り

バレリアン(セイヨウカノコソウ)の根

このハーブは猫にとってまるで麻薬のような効果を持っています。猫がこれを食べたり嗅いだりすると、変な行動をとるかもしれません。しかし、その最初の効果が薄れると非常にリラックスして眠ってしまうことすらあります。たとえば旅行の前など、猫をおとなしくさせておくのに役に立ちます。

イヌハッカ

イヌハッカ(英名キャットニップ)と呼ばれるこの草は常緑で成長がたいへん早いので、猫がいる家庭の植木鉢に常備されているかもしれませんね。その香りに含まれるネペタラクトンという物質が猫を惹きつけます。

この物質によって猫は薬物を使用したかのように獲物の幻影を追いかけたり床をの上を転がったりするなど活発になります。猫がなぜいつもイヌハッカの鉢植えに近寄ろうとするのかわかりますね。しかし、使い方には注意が必要です。

オリーブ

これは意外ではないでしょうか。オリーブはイヌハッカと同じように作用するのです。主成分のオレウロペインが猫をリラックスさせるので、愛猫がオリーブの葉をかじっているのを見かけても、どうか止めないであげてください。これも同じく麻薬のような作用があるので、奇妙な動きを始めても驚かないようにしましょう。

またオリーブオイルは猫の健康全般と気分の安定に非常に効果があります。

カモミール

ペット全般、特に猫にとって高いリラックス効果があるだけでなく、カモミールは目の炎症とアレルギーの治療にも役立ちます。カモミールの精油もよく効きますが一番は生の葉を用いることです。

さまざまな花

猫はさまざまな花、中でもバラやヒナギク、ユリなどが大好きです。ただし、匂いは嗅いでも、絶対に猫が花を食べることのないように注意しましょう。花の中には有毒なものがあり、健康上の重大な問題を引き起こし得るだけでなく、致死的なものさえあります。

飼い猫が花を食べしまわないよう(命に関わることすらあります)香りだけを楽しませてあげるには、エッセンシャルオイル(精油)を使うのがよいでしょう。

果物

多くの果物には食物繊維、ビタミン、そして体内の有害な反応を抑制する抗酸化物質が含まれています。

もしかすると猫が果物の匂いを好むのもこれが理由かもしれません。果物のほとんどはペットの体によいので心配はいりません。果物を食べているときに猫が匂いを嗅ぎに寄ってきたらぜひ少し食べさせてあげましょう。健康のためにも役立ちます。

猫が好きな果物の香り 猫 大好きな匂い

ハニーサックル

ハニーサックルは春にだけ花を咲かせる常緑の植物です。その時期には甘い香りが猫をたいへんに惹きつけます。

この植物を家で育てるのもよいですが、果実が実る季節になったら猫の手が届かないようにしておかなければなりません。実は猫にとって有毒です。他のものと同じく、精油を買ってきてあげれば猫は喜んでリラックスするでしょう。

ラベンダー

ラベンダーを好きでない人がいるでしょうか?ラベンダーの爽やかな香りは人間だけでなく猫にとっても心地よいものです。これといって特別な効用はありませんが猫はこの匂いが好きですから、小さな容器に入れてあちこちに置いておくのもよいでしょう。芳香剤でも化学物質の使われていないものなら香りを部屋に広めるのに有効です。

バジル

バジルの強い芳香は人間に大人気ですが、猫にも好まれます。バジルには猫を活発にさせる成分が含まれています。

愛猫を近くに呼んで、気分を落ち着かせてくれる香りを嗅がせてあげましょう。ご紹介したように、猫が大好きな匂いはたくさんの種類があります。有害なものにだけはくれぐれも注意をしておきましょう。

こちらの記事もおすすめです。
愛犬はどれぐらいの睡眠を必要としているのだろう
My Animals
で読むことができます。 My Animals
愛犬はどれぐらいの睡眠を必要としているのだろう

犬は本当に良く寝ますよね。実際、この子たちって1日に「寝る」と「食べる」しかしてないんじゃない?と思う時もあります。そんなことからか、どこかの国には「犬並みにぐうたら」という言葉もあるぐらいです。しかし、犬の飼い主にとったらこれは一つの疑問の種です。 犬 はどれぐらいの 睡眠 を 必要 として...