家でもできる!ネコの健康チェックをやってあげよう!

食欲の減退や無気力は、より深刻な病気の一般的な症状です。
家でもできる!ネコの健康チェックをやってあげよう!

最後の更新: 18 1月, 2020

獣医さんに頻繁に行くことでネコの健康を確かめるのもいいでしょう。しかし、家庭でもネコが健康かどうかをチェックできる基本的なサインもあるのです。

その内向的な性質のため、ネコの健康問題は気づかれないことがよくあります。そこでの大きな問題は、診断した時には手遅れかもしれないということでしょう。病気の中には早期発見が治療のカギになるものもあります。ですので、ネコが健康か不健康かを示す身体的・行動的なサインを知っておくことがとても重要なのです。

健康なネコ

体の検査

体をくまなく検査する前に、より全般的な検査をすることから始めることができます。しかしネコを緊張させたくないでしょうから、タイミングを賢く選ばなければなりません。一緒にソファに座っているときなどは良いタイミングと言えます。急に動くことなく、ゆっくりネコの体に腕をまわし、少しだけ指で押してみましょう。

特定の場所でネコが不快感を示したり、しこりや皮膚の問題を発見したら、それは健康問題のサインかもしれません。その場合は獣医さんに連れていきより詳しい検査をしてもらいましょう。

一方、この全体的な検査でなにも見つからなかったら、以下の部分を調べてみましょう:

  • ネコはクリアできらきらとした目をしていなければならず、分泌物が出ていない状態でなければなりません。黒目も光に対してすぐに反応できなければなりません。
  • :耳垢が多少出ているのは普通ですが、それでも耳は清潔で乾燥し、炎症や発疹などが出ていない状態でなければなりません。不快なにおいや膿などが出ている場合、感染症の疑いがあります。
  • :この部分に関しては、健康的な状態とは歯茎はピンク色で、口の中に腫れ物や傷が全くない状態です。また、歯垢の除去も頻繁に行い、歯もできるだけ健康に保つことをお勧めします。
健康的 ネコ

ネコが健康的なことを示す行動

ネコは厳格なルーティーンを持つ動物です。つまりその習慣が少しでも変化するということは、実は痛みやそのほかの健康問題の症状である可能性があるのです。ここでは気を付けるべき主なことにを挙げています:

  • 食欲:ネコがどれくらいの頻度で、どれくらいの量を食べているかに注意しましょう。これはネコの健康にとってとても重要なことです。病気だと食べる量が減ることがほとんどです。それは直接ネコの体重に影響します。また、ネコがどれくらい水を飲んでいるかにも気を配りましょう。それが水分摂取と全般的な健康のカギになります。
  • 活動レベル:人間と同じで、動物も病気だと動きが鈍くなり無気力になります。ですので、ネコが以上に活動的でなくなったのに気づいたら、獣医さんに連れていきましょう。ネコは自立していますが、好奇心旺盛で活発であり、遊ぶのが好きです。ですので、こういった行動が見られない場合は病気のサインかもしれないのです。
  • 清潔感:ネコのおしっことうんちの頻度と量にも注意しましょう。また別の話ですが、トイレの中にできないことがあってもどなってはいけませんよ。プロにアドバイスをもらって改善のために何ができるか考えましょう。
ネコ 健康

一般的に、活発で全体的に気分よく、身体的に良い見た目であることが健康であることの指標になります。家にいながらネコが健康なことを確かめたい場合は、そのネコの性格や通常の状態について深く理解していなければなりません。ただし獣医さんでの検査も必ず行ってくださいね。

こちらの記事もおすすめです。
猫の認知症:お世話をする時のヒントを見てみましょう
My Animalsで読むことができます。 My Animals
猫の認知症:お世話をする時のヒントを見てみましょう

見当識障害や行動の変化をもたらす 猫 の 認知症 は、10歳以上の猫がなる可能性があります。可逆的なものではありませんが、進行を遅らせたり止めたりすることは可能です。本記事では猫の認知症について、そして認知症になった猫のお世話のアドバイスなどをご説明します。