ペットの健康に役立つ3つの薬草を見てみましょう!

22 1月, 2020
薬草は歴史を通して使用されてきました。今日は、ペットの健康にも役立つ薬草についてお話ししていきます。
 

その素晴らしい効能を発見してからというもの、私たちは歴史を通して薬草を利用してきました。薬草は人間の健康に関するものだと一般的に考えがちですが、薬草はペットの健康にも役立つのです。さらに詳しく見ていきましょう。

薬草とペットの健康

薬草は人間が何千年もの間使ってきたものです。伝統的な医療においても最近の医療においても、薬草は健康問題の治療に役立てられています。私たちが使用する植物の効果的な成分は有効成分と呼ばれています。

薬草の有効成分は私たちの身体に対する特定の治療的効果のある物質や分子でできています。また、こういった有効成分を植物から抽出する方法もいくつかあります。

ですので、私たちがそれを自分たちの健康のために使用するのと全く同じように、ペットの健康に役立つ薬草もいくつか存在するのです。しかし、自分で実験してみる前に、すべての薬草に害がないわけではないということを理解しておかなければなりません。薬草の中の自然成分の中には、ペットに問題を起こすものや、危険なものさえもあるのです。

ペット 薬草

いつも言われているように、ペットに薬草を使用し始める前に、獣医さんに相談するのがベストです。治療法や摂取量、その他疑問に思っていることなどに応えてくれるでしょう。そのあと試してみたい場合は、以下のようないくつかの薬草の使用法についてのアドバイスに従ってみてくださいね。

 

ペットの健康のための薬草

ローズマリーとジュニパー:ヘルシーなアロマハーブ

ローズマリーはとても有名でよく知られた植物ですね。これは意外に動物の健康のためにもよく使われているんですよ。実は、ペットフードの自然由来の保存料としてよく使用されています。さらに、ローズマリーはビタミンB6、カルシウム、そして抗酸化物質も豊富に含まれているのです。

そして犬のノミ問題にも大きく役立つ可能性を持っています。ローズマリーを煎じたものを犬の皮膚や毛皮に塗ると、その防腐剤としての性質から、犬の感じているかゆみを軽減するのに役立つのです。

ペット 薬草

ジュニパー(セイヨウネズ)も、思っているより多くの健康的なメリットをもたらしてくれます。最もよく知られているものは、その利尿薬としての効果と、防腐剤としての効果です。

しかしそれだけではありません。ジュニパーは腸内寄生虫に伴う問題の治療にも使うことができるのです。より具体的に言うと、ネコにつく特定のタイプの寄生虫に高い効果が示されています。

オオアザミ:ペットの健康の強い味方

これもまた素晴らしい効能をもつ薬草の一つなので、ペットの健康にも大きく役立ちます。オオアザミは世界中の多くの地域に見られる花を咲かせる植物です。その有効成分の一つは「シリマリン」です。

 
薬草 ペット

この化学物質は肝臓の細胞を守ってくれるので、特定の肝臓の状態を治療するのにとても役立ちます。また、特定の薬を肝臓が処理したり物質代謝で変化させるのを助けるために、ペットに与えることもできます。

ペットの健康に役立つその他の薬草

3つの薬草をご紹介しましたが、ペットのために本当に役立つ薬草は数えきれないほどあります。その一つが世界中でその効能が認められているアロエです。局所的に使うことで多くのメリットがあります。局部治療については、ノコギリソウの抽出成分もまた、特に傷などに効く素晴らしい薬草の一つです。

結論として、いかなる薬草を使い始める時にも、必ず獣医さんと話をすることを忘れないでくださいね。そうすることで、ペットの健康を最優先し安心して薬草を使用することができます。

 
  • Wynn, S. G., & Fougere, B. (2006). Veterinary herbal medicine. Elsevier Health Sciences.
  • Wynn, S. G., & Marsden, S. (2003). Manual of natural veterinary medicine: science and tradition. Mosby Inc..