最も吠えない犬種とは?

11 11月, 2018
吠えるのは、犬が自然に持って生まれる本能の一部であり、犬と一緒に暮らすことは、犬の「吠える」という行動に人間がある程度適応する必要があることを意味します。しかし、実は犬の中にはあまり吠えないタイプの犬種もいるのです。

吠えるのは犬が持つ自然本能の一つであり、コミュニケーションや表現の手段として使われることもあります。

過剰は鳴き声は飼い主と犬の間に様々な問題を引き起こしますし、日本の住宅事情では、あまり犬に吠えて欲しくないと考える人も少なくありません。

犬が吠えることで起こる問題

過剰に吠える犬の中には、何か病気を抱えていたり、痛みや痒み、そして刺激を感じているから吠えているケースがあります。

この場合は、犬の健康を維持するためにも犬の鳴き声を無視してはいけません。

その一方ので、健康上の問題がないのに過度に吠える犬は、集合住宅では隣人との問題を引き起こすことが多々あります。

芝生の上で吠える犬

これらの理由により、飼い主は犬の健康状態と行動を観察することが大切ですが、犬を迎え入れる前によく吠える犬と比較的吠えない犬を知るのも良い考えです。

こちらもご参考に:遠吠えについて知っておくべきこと

過剰に吠える理由

犬が吠えるのは、犬自身の感情や気分など、何かを表現していることが多くあります。

水が飲みたい時やトイレに行きた時もあれば、飼い主に何か危険が迫っていることを知らせるために吠えることがあります。

このように犬は吠える動物ですが、犬種の中には表現力が豊かな犬種、常に警告を発するタイプの犬種、そして怖がりの犬種などがあり、これらのタイプが過度に吠える傾向があると言われています

また過度に吠える場合は。周囲の何かに対する応答である場合などの外的要因が作用していることもあります。

逆に落ち着きがあり社交的な犬種の中には、必要以上には吠えないものもあります。

吠えやすい犬種には以下のようなワンちゃんが挙げられます。

  • ヨークシャーテリア
  • ケアンテリア
  • ミニチュアシュナウザー
  • ウェストハイランドホワイトテリア
  • フォックステリア
  • ビーグル
  • チワワ
  • シルキーテリア
  • ペキニーズ
  • ミニチュアプードル
  • トイプードル

過度の吠えの原因

  • ストレス:ストレスを緩和したり心配事を表現するために吠える犬がいます。
  • 興奮:何かとても興奮するものや出来事がある場合や刺激を受けた場合に過度に反応して吠える犬が多くいます。
  • 退屈:じっとしている座りっぱなしの犬の場合、退屈になって吠えることがよくあります。
  • 欲求不満:何かにイライラしたり、自分の希望したものが手に入らないことで欲求不満になって吠える犬がいます。
  • 座りっぱなしの暮らし:運動不足により、エネルギーを発散する場がなくなり吠えることでエネルギーを発散しています。
  • 警告:神経が過敏で、人間よりも危険を察知する能力に長けている犬は、何か恐怖が迫っていることを人間に知らせようと吠えます。
  • 訓練不足:犬を適切に躾けていない場合、自分の欲しいものがあるとすぐ吠えるようになるため、適切な訓練やしつけを行うことが大切です。
  • 健康上の問題:ある一部の病気を発症すると、継続的に犬が吠えることがあります。この場合はすぐに獣医師の診察を受けることが大切です。
  • 自分のテリトリーを守る:自分の飼い主や自分ものなど、自分のテリトリーを主張したい犬はそれらが自分のものだと主張するために吠えます。
  • 恥ずかしがり屋または自己防衛機能が高い:社交性の低い犬や恥ずかしがり屋の犬は、自己防衛機能が働いて過度に吠えることがあります。吠えることで必要以上に自分に近づくなという警告を発しています。

犬が過度に吠える理由は、ここに書ききれないほど数多くあり、その中には犬の健康にダメージを与えるものもあります。

そのため、獣医の定期検診を欠かさず、すべての予防接種を必ず受けるようにしてください。

こちらもご覧ください:犬の防衛本能:悪意を嗅ぎ分ける?

最も吠えない犬種はどれ?

数ある犬種の中で、吠えない犬種のナンバーワンに輝くのは、知名度のさほど高くないバセンジーです。

バセンジーの吠える声は、他の犬とは異なり、非常に優しい笑い声に似ているユニークなものです。

最も吠えない犬種

バセンジーは小型で、とても穏やかな性格をしているため、小さな家やマンションなどの集合住宅に適しています。

穏やかな性格ながらとてもエネルギッシュで、エネルギーを発散し退屈しないためにも、たっぷりの運動や散歩を必要とします。

またバセンジーに続く、吠えない犬種は以下の通りです。

  • ゴールデンレトリーバー
  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • ブラッドハウンド
  • ラブラドールレトリーバー
  • ロットワイラー
  • グレートデーン
  • 秋田犬
  • チェサピークベイレトリーバー

ペットを迎え入れるときに、どのタイプの犬があまり吠えないのか、そしてどのタイプがよく吠えるのかを知ることは非常に大切です。

ただし、犬種によって吠える吠えないはあるものの、犬の性格によっても異なります。

吠えると言われている犬種でも、しつけや訓練によって過度に吠えることがなくなるケースも多く見られるということを覚えておいてください。

どんな犬でも、良い訓練と多くの愛情を持って育てれば、犬は多くを学び、社交的に育ちます。