老犬を飼う7つのメリット

07 6月, 2018

犬を飼うときに、私たちは犬が生きている限り責任を持って育てなければならないことを理解しています。そして犬がやがて年老いていくことも自然の流れであるとわかってかいます。しかし私たちも犬と一緒に老化していくことを忘れてはいけません。今回は老いた犬を持つことが素晴らしい理由をお教えしましょう。

老犬に与えられるべき2回目のチャンス

二匹の老犬

あなたが大の犬好きであれば、老犬を飼うことに抵抗がないかもしれません。しかし多くの人々は子犬を良い理由や、悪い理由、様々な理由で選びます。

 子供を持つ家庭にとって子供と一緒になって元気に遊べる若い犬を飼いたいと思うのは当然なことでしょう。しかし一人暮らしだったり大人だけが住む家族なら、老犬を飼う選択肢もあります。アフィニティ財団の研究によると、スペインの10匹の犬のうち2匹が7歳以上だそうです。この点を留意すると、さらに老犬を飼うことを選択肢として考えるのではないでしょうか。

老犬が町でさまよっていたり避難所に住んでいる理由の1つとして飼い主の死や病気が挙げられます。年老いた犬を世話したくないと飼い主が放棄する場合もあります。このような状況を踏まえ、もしできるのであれば老犬に2度目のチャンスを与えてあげてください。

老犬を里親として引きとるメリット

老犬を飼うことで子犬を飼うのとは違った経験ができ、やりがいを感じることができるでしょう。老犬を飼うときはその時間の長さではなく、クオリティに焦点を当てるべきです。

さらに、あなたが歳をとっても、あなたと同様遅いペースで動いたり落ち着いて行動する犬は良きパートナーとなるでしょう。老犬を飼う長所を今回ここでご紹介したいと思います。これを見れば老犬を飼うことを迷わないでしょう。

老犬と家に住むことのメリット

1.老犬はすでに訓練を受けています。長い訓練をする必要もありません。あなたが教えたことをすぐに簡単に覚えるでしょう。

2.すでに人間や他のペットと一緒に暮らした経験があるので新しい家にもすぐ慣れるでしょう。

3.あなたがくれた2度目のチャンスに感謝するでしょう。その感謝はあなたにも見てとれると思います。

4.大人になった犬の性格は、子犬と違ってあまり変化がないことも特に驚くことではありません。

5.体のサイズは、既に大人なので変化することがありません。これからどれだけ大きくなるのだろうと心配する必要もありません。

6.運動をするのがあまり好きでない人にはちょうどいいです。老犬はあまり多くのエクササイズを必要とはしません。

7.人間に慣れています。おそらく子犬のように真夜中にあなたを起こすこともないでしょう。

老犬を新しい家族として迎え入れる

年老いたラブラドール

犬を引き取ることを考えているのならば老犬も選択肢に入れてください。シェルターで働くスタッフが犬の性格や、家に連れて行った際の世話の仕方を教えてくれます。よって、家に帰ってから何か予想していなかった事態になることはまずありません。

年老いた犬を家族に迎え入れる事はとても豊かな経験になるのは間違いがありません。たくさんの愛情で満たされることでしょう。そして旅立ちの時が来た時は、自然に任せて、安らかに見送ってあげましょう。たくさんの素晴らしい思い出をあなたに残してくれるはずです。