優しい大型犬スコティッシュディアハウンドの魅力!

30 1月, 2020
スコティッシュディアハウンドの被毛の毛色はグレーやブルーグレー。バランスの整ったボディーに小さな頭が目を引きます。

「ディアハウンド」としても知られているスコティッシュディアハウンドは、優雅な印象を与える従順な大型犬です。もじゃもじゃの粗い毛質の被毛のおかげで寒い環境にも向いています。

スコティッシュディアハウンドの起源

スコティッシュディアハウンドは、原始的な犬であるセルティックハウンドの直系の子孫の可能性もある犬種です。オオカミや大きな獲物を狩るためにスコットランドの氏族により作り出されました。一時は絶滅の危機に瀕した過去を持ちますが、ウォルタースコット卿と18世紀のスコットランドの流行によりカムバックを果たし、現在も存在する犬種です。実際、19世紀にはビクトリア女王自身がペットしてスコティッシュディアハウンドを飼っていました。

走るスコティッシュディアハウンド

出典元:kennysarmy

スコティッシュディアハウンドの身体的特徴

スコティッシュディアハウンドの被毛の毛色はグレーやブルーグレー。バランスの整ったボディーに小さな頭が目を引きます。体高はオスで76cm、メスで71cmが望ましく、体重はオスで45kg、メスで36kg程度です。

スコティッシュディアハウンドの被毛は通常グレーですが、ディアハウンドにはレッドやレッドブラウンの被毛に黒っぽいスナウト・脚・しっぽをしている子もいます。また、胸や足、そしてしっぽの先にホワイトが混じっている子もいます。

合わせて読みたい『カッコいい!7種類のグレイハウンド

スコティッシュディアハウンド2

出典元: Adam Singer

スコティッシュディアハウンドの性格

性格はとても優しく従順ですが、マイペースな一面もあります。室内でも大人しいのが特徴です。足の速い猟犬には珍しいことです。

お手入れのポイント

スコティッシュディアハウンドの被毛はどんな環境や気候にも適応できるため、沿岸・寒冷・高地の気候で飼うのにも向いています。寒さには強いですが、肌が分厚く熱中症になりやすいため、暑い気候は苦手です。

関連記事『グレイハウンドの体の構造:走るのが速いのはなぜ?

寿命は長い方ですが、家庭で飼う場合は十分なスペースと運動を必要とします。筋肉質でパワフルなため、たんぱく質を多く含んだ餌を与えてください。他の大型犬のように、胃軸捻転股関節形成不全などの病気を発症するリスクがあります。しかし、これらは定期健診を受けることで予防が可能です。

画像出典元: Adam  Singer と Kennysarmy