天国に旅立ってしまったペットのためのセレモニー

19 4月, 2020
亡くなったペットの埋葬は、民間企業に頼んだり、獣医さんにお願いすることもできます。ペットを地面に埋めることは衛生的ではありませんし、法に触れることもあるので注意しましょう。

ペットが天国に行ってしまうということは、誰にとっても最も辛いことの一つですよね。涙を流し激しい苦痛を感じつつも、遺体をどうすればいいのかと疑問に思うかもしれません。ですので、ペットが亡くなる前にどのような選択肢があるのかについて知っておくのがベストです。

天国に旅立ってしまったペットのためのセレモニー

ちょっとおかしいと思う人も多くいる一方、動物が大好きな人やペットと長年暮らしてきた人は、ペットと名誉あるお別れをしたいと思うものです。それによってペットとの思い出を記念に残すことができるからです。今回はペットが亡くなってしまったときにできることをまとめました。

火葬

ペットの火葬を行う会社があります。インターネットでよく調べて、信頼できるところを選びましょう。また、疑問がある場合は獣医さんに相談してみるのもいいでしょう。

代金の中には亡くなった動物を葬儀場に運ぶ費用、通夜、名簿、家族が必要としている場合の心理的ケア、棺、遺灰の引き渡しなどが含まれています。これはやる価値があり、記憶に残るお葬式になるでしょう。

棺を家に持ち帰るか、埋めてもらうかも選ぶことができます。

ペット霊園

ペットを埋葬することのできるペット霊園がある国もあります。この場合は動物の遺体の回収、棺、献花や埋葬にかかる費用などが発生するでしょう。

ペット お別れ セレモニー

棺を選び、利用できるスペースがあれば埋める場所も選択することができます。この埋葬法は人間のそれととても似ています。碑銘を置くこともできます。しかし、大きさや字の彫り方、素材などによって高額になることもあるので注意が必要です。

亡くなったペットを獣医さんに連れて行く

獣医さんが、亡くなったペットをどうするかについて2通りのサービスを行っているという国もあります。まずは他のペットと一緒に共同火葬をすることです。この場合、遺灰を受け取ることはできず、共通のお墓や埋め立て地に埋められます。これは比較的安いコストで行うことができます。

2つ目の選択肢は、獣医さんが個別に火葬を行うというものです。遺灰を受け取ることができ、コストは1つ目よりは高くなります。民間企業とは異なり、火葬に立ち会うことはできません。ですので、その遺灰が本当に自分のペットのものなのかはわかりません。

市のサービス

市役所が亡くなったペットの回収サービスを行っている場合もあります。これは税金によって賄われているので、費用はあまり掛かりません。

亡くなったペットの回収車が来て、他のペットの遺体と共に火葬されます。そして遺灰は共同墓地かゴミ捨て場に捨てられます。動物園の動物のエサになっているのではないかと疑っている人もいるようです。

するべきでないこと

衛生上の理由と、法律で禁止されている(私有地であれば法律には触れませんが)という理由から、自分の家の庭にペットを埋めてはいけません。また、おそらくそんなことはしないでしょうが、遺体をごみとして捨てることも違法です。

ペット お別れ セレモニー

分解が始まっている動物は病原菌や感染症の温床になります。これらの行動は罰金などの対象になることもあるので注意しましょう。

しかし、それよりもそんなことをする人の人間性を疑ってしまいますよね。これまで無償の忠実さを示してくれ、何年も傍にいたペットには、それ相応のお別れをしてあげるべきだとは思いませんか?