知覚:犬の時間の概念

犬は私たちと違う時間の測り方をします。
知覚:犬の時間の概念

最後の更新: 26 10月, 2018

家にいなかった時間が5分間であろうと3日間であろうと、犬はあなたが家に帰ってきたときに幸せを感じると言われていますが、私たちの大切な愛犬は、 時間の概念 がないという迷信が関係しています。これは本当に真実なのでしょうか?そして、犬はどのようにして時間を捉えているのでしょうか?

犬が時間を測る方法

私たちは時計を見て時間を測ることができます。多くの人が時計や腕時計なしでも今何時かある程度は予想できるでしょう。しかし、これは時間を把握していた過去があったから可能であり、日中の光をもとにだいたい何時か予測しているのです。

しかし、犬はこれを超えます。犬たちは概日リズムと知覚によって時間を測っているのです。では、この両方について詳しく見ていきましょう。

時間の概念 :概日リズム

時間の概念

このトピックについて話し始めるのに、あなたは概日リズムというものが何なのかを知っていますか?食べることにしろ、飲むことにしろ、交尾をするにしろ、遊ぶにしろ、こういった感覚的な衝動はこのリズムによります。

このリズムは地球の入れ替わりのサイクルと進化に強く関係していて、このリズムが1日を通しての光と暗闇の区別するプロセスでもあります。なので、動物の生態時計はこの サイクルに結びついていて、光と暗闇をうけながら、その時が何時なのかを理解します。

例えば、午後6時から午前6時の間、動物は以下のような体調の変化を認識することができます。

  • 6:30 pm ー 血圧最高値
  • 7 pm ー 体温最高値
  • 9 pm ー メラトニン分泌
  • 10:30 pm ー 腸内の活動停止
  • 2 am ー 深い眠り
  • 4:30 am ー 体温最低値

また、以下のような変化も起こります。

  • 6:45 am ー 血圧が上がる
  • 7:30 am ー 体がメラトニンの分泌をやめる
  • 8:30 am ー 腸内の活動開始
  • 10 am ー 完璧に起きた状態になる
  • 2:30 pm ー ちょうどよい状態
  • 5:30 pm ー 筋肉の能率がよい状態

概日リズムのおかげであなたのワンちゃんは何時なのかを把握しているのです。ワンちゃんを教育している時、トレーニングしている時、またはワンちゃんが競っているときはしっかりと彼らの概日リズムを尊重してあげるべきです。すると、全く傷つけることなく、ワンちゃんが最大限のフィジカルとメンタル両方のパフォーマンスを達成することができるでしょう。

時間の概念 :知覚

時間の概念

私たちが感覚で時間の経過を感じられるように、犬たちも感覚を使って時間を認識することができます。

例えば、ワンちゃんの視覚は白黒に限られていますが、窓から差し込む光の量を推測することができ、あなたが帰って来る時間かどうか知ることができます。

匂いも犬の時間の概念において、基礎的な役割を果たします。あなたが家からどこか遠くに離れてしまったら、あなたの匂いは消えてしまいます。それによってワンちゃんはあなたはいなくなってしまったと分かります。しかし、あなたが近くにいると、ワンちゃんは何メートルも離れた場所からあなたの匂いを嗅ぐことができ、あなたが毎日家に帰って来る時間を記憶します。また、嗅覚は記憶に一番関連している犬の感覚です。

まとめると、犬の時間の概念は犬の本能に関連しています。ワンちゃんたちは彼らの周囲の状況をとっさに連想することができるので、あなたが五分でも三日間でもいなくなると、悲しくなります時計や腕時計がなくたって、ワンちゃんはあなたがいないことを認識しているのです。

こちらの記事もおすすめです。
障がいのあるペットを飼えますか?
My Animals
で読むことができます。 My Animals
障がいのあるペットを飼えますか?

障がいのあるペット を飼うことは、障がいのないペットを飼うより責任が増えます。毎日のお散歩、猫のトイレ掃除、餌やり、お風呂、遊びなどに加えて、障がいに伴う特別なケアが必要となってくるからです。しかし、障がいを持つペットの飼い主さんたちは、その決断を後悔していないと口をそろえて言います。