イスタンブールで銅像になった有名なネコ

トンビリはどうして銅像になったんでしょうか?
イスタンブールで銅像になった有名なネコ

最後の更新: 15 10月, 2018

猫によっては永遠に人々の記憶に刻まれる有名な猫もいます。 イスタンブールで 銅像になった有名なネコ トンビリが良い例です。では、トンビリはどうして銅像になったんでしょうか?

動物好きな人たちが、街全体で彼らを可愛がり、銅像まで立てて敬意を示しているという事実はとても喜ばしいことです。そして、トルコのイスタンブールは野良猫に救いの手を差し伸べ手厚いケアを行う街として知られています。

銅像になった有名なネコ

街をさまよっていたネコのトンビリには、見る人を思わず笑顔にする魅力がありました。その魅力は、彼女の座り方にありました。クレオパトラがソファに座り、奴隷が彼女に葡萄を食べさせている画像を見たことがありますか?

それが、まさにトンビリの座り方でした。ベンチの上、縁石、階段の上、いつもどこでも同じように座っていました。彼女のその座り方を見て、地元の人もいつも笑わされていましたが、見慣れていたので特別なことだとは考えませんでした。

有名になったトンビリ

彼女の運命は、観光客がカメラでトンビリの座った様子を撮った時に大きく変わりました。その写真はソーシャルメディアに掲載され、わずか数分であっという間に拡散しました。その後もインターネット上で彼女の写真は人気を集め、あっという間に有名な猫になったのです。

彼女のポーズが本当に面白いのは、太っているのがよりコミカルに見えるようです。奇妙なポーズとまん丸な体は、多くのネットユーザの興味を引き、その可愛さに魅了されました。

トンビリの死

銅像になった有名なネコ

イスタンブールの銅像になった有名なネコは、残念なことに2016年8月長く辛い病気の末なくなりました。彼女の死は街中のポスターに 掲載されて、そこには決してトンビリを忘れはしないと書かれていました。「あなたは私たちの心の中でいつまでも生き続ける」と書かれたポスターは、まさに地域住民の心境を表したものでした。

そして、忘れないと言う約束を守るために、人々はトンビリがよく撮っていたポーズ、クレオパトラの座ったような姿勢の銅像を作ることにしました。

銅像はトンビリが好きだったベンチの1つに置かれ、今では観光スポットとなっています。

トンビリを実際に見たことのある人たちは、銅像が本物のとそっくりに作られているのが分かるでしょう。そして、今でも人々は銅像の前に食べ物や、紅茶、水を持っていくそうです。

もちろん他の猫たちがその食べ物や飲み物を食べているんですが、地元の人々はトンビリの精神がまだここら辺にさまよっていて、おやつや餌を食べていると信じ続けています。

ソーシャルメディアで人気者になった動物たち

もちろん、彼女だけがソーシャルメディアで人気者になった唯一の動物ではありません。

ハチ公:日本人なら誰でも知っているハチ公にも銅像があります。(ハチ公の映画も作られました)。ハチ公が飼い主に示した無条件の愛情と忠誠心に敬意を示して銅像が建てられたのです。

・パンチョ:小さなチワワのパンチョは飼い主と一緒にヨガをします。パンチョは人気者になり、今では自分専用のYouTubeチャンネルを持っています。

パンプキン:このアライグマのパンプキンは自分のことを犬だと思い込んでいるようです。世界中の人々が面白いと思う様々な行動を見せてくれるパンプキンは自分のFacebookとInstagramも持っています。

ロナルドッグ:ロナルドッグは、プロのサッカー選手といっても過言ではありません。ボールを使って信じられないようなトリックを行います。いつの日かロナルドッグと人間の試合を見られるもしれませんね。

こちらの記事もおすすめです。
追加料金なしで犬もタクシーに乗れる街
My Animals
で読むことができます。 My Animals
追加料金なしで犬もタクシーに乗れる街

私たち人間にとってペットはもはや家族の一員、人生の一部です。だからこそタクシーに犬を乗せることができる有料サービスというものが少し前から始まったのですが、何と最近ではそれも無料で行なってくれるタクシーが増えているようです。追加料金なしで犬もタクシーに乗れる街